キャッシングで必要な本人確認書類

キャッシングを利用するために必要となるのが、本人確認書類です。収入証明書に関しては、50万円以上の融資を希望するなど一定の条件を満たした場合のみ提出となるのに対し、本人確認書類は希望限度額などに関わらず提出をすることになります。

どこの業者でも本人確認書類として認められるものが、顔写真のついた運転免許証とパスポート、住民基本台帳カードです。マイナンバーカードに関しては、業者によって対応が異なります。健康保険証などの顔写真がついていない本人確認書類の場合は、2種類以上の書類の提出が必要となることも少なくありません。そのため、キャッシングの審査を受ける前には、有効となる本人確認書類に関する情報をしっかりと確認しておくことが大切です。

迅速で丁寧な対応のアコムさんに感謝しています

私が初めて消費者金融のアコムさんを利用したきっかけは生活費不足のためでした。その当時、実家の家業手伝いをしており、まとまった収入がなかった私は、10万円アコムさんから融資を受けました。地元で、誰かに見られるのが恥ずかしいと思った私は、店舗に行く勇気がなく無人契約機に行きました。

緊張していた私に、インターフォンから聞こえるスタッフの方は親切丁寧に手続きくださり、支障なく契約でき、無人契約機の隣の部屋にあるATMで40分位で融資を受けることが出来ました。そして、とても有難かったのが、1ヶ月間の利息無料のキャンペーンがあり、普段は日ごとの利息計算を無料で利用できるというもので、初めての支払日は元金のみで5,000円の入金で済みました。

自分の生活スタイルに合わせて、支払金額も決定でき、支払サイクルも35日サイクルで早めに支払ったり、24時間自宅からネットバンクで支払いも出来、とても利便性があり、利用して満足しています。

J.Score(ジェイスコア)とはどういうものなのでしょうか

J.Score(ジェイスコア)とは、日本初のサービスのAIを活用して算出した個人向けの消費性融資サービスのことを言います。契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に移住する方で安定、継続した収入が見込める方が利用対象になります。

学生、アルバイトをしている方でも安定した収入があれば申し込むことができますし、永住権がない外国人も申し込みができます。融資額は1万円以上、1千円単位で可能で、担保や保証人は不要です。資金使途は自由ではありますが、投機資金、事業資金には利用することができません。スコアにより借り入れが可能な金額、金利が変わりますので、まずは無料のAIスコア診断をすることをおすすめします。

銀行口座別に持っていると利用しやすい大手消費者金融がある。

銀行系カードローンですと、銀行口座を持っていないと利用が不便になるようなケースがありますが、

大手消費者金融の場合には、利用しやすうなるような銀行口座と言うものが存在します。

プロミスの場合ですと、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていますと、24時間365日融資可能な「瞬フリ」が利用できます。

これによってお金の借り入れがかなりスムーズに利用できます。

アコムの場合では、楽天銀行の口座を持っていますと、本来なら15時までの振込みの制限時間が、18時まで伸びるようになります。

直ぐにATMでは借り入れが出来なくても、上記の口座を持っていたりすれば、WEB完結で借り入れが簡潔にできるようになりますので、覚えておくといいでしょう。

キャッシングの限度額は申込者の年収によって決まる

消費者金融会社のキャッシングは、個人向けに提供されている融資サービスです。キャッシングの審査において限度額が決定しますが、この限度額の多さによって融資してもらえる金額の上限が決まってきます。審査で重視される事は申込者の年収であり、この年収の高さによって限度額の上限も高くなります。

消費者金融会社は貸金業法の下で運営されており、その法律には総量規制という仕組みが導入されており、消費者金融会社は総量規制を義務付けられています。総量規制が実施されている融資サービスを利用した場合、利用者の年収の3分の1が総限度額の上限になります。

キャッシングの限度額を高くするには、利用者の年収が高ければ良いのですが、継続的に利用をする事で増額という仕組みが使えるようになりますので、ある程度融資サービスを使って実績を高めたら、増額の申込みを行なってみるのも良いでしょう。

インターネット上からなら時間を気にせずキャッシングに申し込める

インターネットで消費者金融のキャッシングに申し込みをするメリットは、営業時間を気にせずにいつでもキャッシングに申し込める点にあります。消費者金融のキャッシングへの申し込み方法で一般的なのは店頭での申し込みですが、消費者金融の店舗は営業時間はそれほど長くはなく仕事帰りに寄ろうと思っても営業時間が終わってしまっている場合があります。

それに対してインターネットでのキャッシングの申し込みならば年中無休で二十四時間受付に対応しているので営業時間を気にせずにいつでもキャッシングに申し込むことができます。仕事やスケジュールの都合上、消費者金融の店舗に足を運ぶ暇がないという方はキャッシングの申し込みをインターネットですることをおすすめします。

三井住友銀行のカードローンの申し込み方は?

三井住友銀行のカードローンは低金利で限度額が高く設定されているのでお金を借りやすいとネットの口コミで高い評価を受けています。最近では利用者も増え続けていますが、申し込み方が分からない人も少なくないでしょう。そこで三井住友銀行のカードローンはどのように申し込む事が出来るのか見ていく事にしましょう。

三井住友銀行の店舗内にローン契約機が設置されています。消費者金融の自動契約機にようなものでカードローンの申込手続きをする事が出来ます。タッチパネルの指示に従って操作すれば手続きが完了するのでローン契約機を利用して申し込む人が多いです。また三井住友銀行のカードローンはインターネットバンキングでの申し込みも可能となっています。店舗に出向くのが面倒な人は利用してみるといいでしょう。

AIを活用した新しい融資サービスであるJスコア

お金を借りる方法としてはキャッシングやカードローンを使うのが定番でしたが、最近みずほ銀行とソフトバンクが合弁会社を設立し、AIを活用してスコアリングを行なって、お金を借りたい人と投資をしたい人を結びつけるソーシャルレンディングサービス「Jスコア」が提供され始めました。

従来のキャッシングやカードローンは、主に担当者がスコアリングシステムなどを使って融資するかどうかを総合的に判断していましたが、Jスコアは必要なデータをAIで処理する事でスコアリングをより合理的で効率良く処理していく事が出来るようになっています。

Jスコアのスコアリングシステムの仕組みは、申込者が申込みの際に答える内容によってAI技術を活用して診断していくという事です。担当者が在籍確認をしますが、基本的な融資判断はAIが行う点が従来のサービスとは違って先進的です。

銀行カードローンや消費者金融を選ぶ時に目安となる金利の設定は?

銀行カードローンや消費者金融はお金を借りると金利が発生して利息が加算されていきます。業者選びをする時は金利の設定を重視する事も大切になってきますが、どのぐらいを目安にすればいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで銀行カードローンや消費者金融を選ぶ時に目安となる金利の設定を確認していきましょう。

銀行カードローンは最高金利が15%以下で設定されている事が多いですが、中には18%ぐらいで設定されている場合もあります。銀行によって大きく異なるので選ぶのは難しいですが、大手銀行のカードローンは14.5%ぐらいで設定されている事が多いです。目安にする時も14.5%以下にしてみるといいでしょう。また消費者金融は最高金利が18%から20%で設定されている事が多いです。高金利なのでなるべく18%で設定されている業者を選ぶようにした方がいいです。

アコムで即日融資を受ける時の方法は?

アコムは即日融資に対応している大手の消費者金融ですが、いくつかの方法があるのでしっかり把握しておいた方がいいです。そこでアコムで即日融資を受ける時の方法を紹介していく事にしましょう。

アコムは全国各地に無人契約機のむじんくんが設置されています。むじんくんで申込手続きをすると契約完了までの手続きをすべて行う事が出来ます。契約完了したらカードが発行されるのでその後に併設されているATMで即日でお金を借りれます。またアコムはホームページからネット完結で申し込む事も出来ます。申し込みから契約完了までn手続きをネット上で行ってその後に融資の依頼をすると指定の口座に即日で振込をしてもらえます。むじんくんやネットを利用して即日融資を受ける事が出来るのでしっかり覚えておきましょう。

連続のキャシング申し込みはどのくらいまでが許容範囲?

銀行や消費者金融のカードローンやフリーローンなどのキャシングローンは、必ず審査が通過するものではなく、大手消費者金融でも4割前後と高いものではありません。そのため、審査落ちというリスクは付きまといます。

しかし、どうしても現金が必要という場合、他社申し込みを検討するものの、ネット上の情報では短期間での申し込み連続は6ヶ月以上避けるなどが勧められており、悩みの種となります。キャッシング契約については、多重債務防止という観点から審査時には厳しくチェックが行われており、多重債務者と判断されないことが重要です。

では、どれだけの期間を設ければよいのか、何社までならOKから考えるはずです。キャッシングに限らず、ローン審査は複数社の審査を受けることがあり、個人信用情報の照会情報と契約情報は異なります。少なくとも2社、多くて3社が許容できる範囲であり、同時申込は複数社から借り入れするリスクが高く、多重債務と見做される可能性が高いことから、審査に通過できなかったら2社までと考えることが重要です。

3社以上ともなると、お金に困っていると警戒されるため注意が必要になります。

振込融資のメリット!夜間借り入れでの手数料負担が無い!

大手消費者金融のカードローンは、Web完結手続きのほか、振込融資サービスがあり急いでいるときにはスピーディーに借り入れが可能です。特に夜間や早朝に銀行口座の残高が不足していると気付いた場合でも引き落とし前に対応することも可能です。

しかし、振込融資のメリットはこれ以外にもあり、ATMでの引き出し手数料を気にせずに済むことです。振込融資で発生する手数料は消費者金融側の負担となります。一方、提携ATMを利用すると金融機関側の手数料請求が消費者金融のカードローンから引き出されてしまい、利息も加算されてしまいます。少しでも返済額の負担を減らしたいという方は、振込融資の活用がオススメです。最近では、時間外手数料が無料の銀行もあり、口座との組み合わせが重要です。

楽天銀行スーパーローンの特徴とメリット

楽天銀行では低金利で便利に借り入れができるカードローン商品である楽天銀行スーパーローンというローンを展開しています。同ローンサービスの特徴とメリットについて解説をしていきます。

・専業主婦(主夫)でも契約可能

楽天銀行スーパーローンは総量規制対象外ということもあり、申し込み者本人に安定した収入がなくても契約が可能とされています。自身に安定した収入がない専業主婦(主夫)でも配偶者に安定した収入があれば契約が可能なのです。

・振込キャッシングが便利

楽天銀行スーパーローンは振込キャッシングに対応しており、どの銀行口座にも振込ができるのですが、楽天銀行の口座があるとより便利です。楽天銀行の口座への振込キャッシングであれば24時間365日手続きから即時入金してくれる即時入金サービスの対象となっているのです。

総量規制を気にせずにお金を借りるなら銀行カードローンを

消費者金融のキャッシングはお金を借りたいという人にとってはとても便利で魅力的なサービスですが、必ずしも自分が借りたいと考えている金額を貸してもらえるとは限りません。消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっており、年収に応じて借りられる金額に上限が設定させてしまうからです。

総量規制による借りられる金額の上限は年収の三分の一までとなっており、その上限を超える金額については消費者金融のキャッシングなどの貸金業者からは借りられないルールとなっているのです。そのため、年収の三分の一が上限となる総量規制がどうしても気になるというときには、総量規制対象外の銀行カードローンなどの融資サービスを利用するしかありません。

アルバイトやパートの方でも安心して借りられる消費者金融のキャッシング

アルバイトやパートという働き方は短期間のものも少なくはなく、収入が安定しづらいというのが一般的なイメージです。そのため、アルバイトやパートという働き方をしている方の場合、どうしても借入審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまう傾向にあります。

アルバイトやパートとして働いているとお金を借りたいというときに借りられないというケースも多々あるのです。ただし、消費者金融のキャッシングではアルバイトやパートという働き方をしている人でも安心です。働き方を理由に借入審査に落とされてしまうことはないからです。

短期契約のアルバイトやパートの方の場合、借入審査に落とされてしまう可能性は否定できませんが、長期契約のアルバイトやパートの方ならば収入は安定しているとみなされるので借入審査の結果に影響はありません。

生命保険に入っているときにキャッシング手段

生命保険に加入しているときには、実はお金を借入できる可能性があります。

①自分が契約者になっている保険であること②解約返戻金がある保険であること

という前提がいるのですが、解約返戻金というものがあるのなら保険金額の中から借りることができます。

この制度のことを「契約者貸付」と言います。

借入金額については解約返戻金金額次第であり、金額が少ないと、借りることができる金額も少なくなります。

ですので、思ったよりも期待するレベルで金額が借りられないこともあります。

金利面については、契約日の金利が適用されますが、消費者金融よりは安いため意外に知られていないにもかかわらず便利な面があります。

ただ、借金には違いないので、返済はしっかりと計画をもってしましょう。

アイフルのカーライフローンの詳細など

アイフルでは借りたお金の使いみちが自由なフリーローンだけでなく、借りたお金を自動車の購入資金などに充てようと考えている人向けに、よりお得に借り入れができるカーライフローンというローンの提供もしています。アイフルのカーライフローンの詳細などを確認していきましょう。

・貸付条件

2018年2月20日時点で実質年率は13.0%から17.0%、融資限度額は最高で100万円までとなっています。なお契約の際には資金使途がわかる請求書や自動車車検証などの提出が必要となります。

・使いみち

カーライフローンで借りたお金は自動車の購入費用や車検費用や整備費用などに利用できる他、自動車用品の購入費用として利用することもできます。

中小消費者金融で契約時に根掘り葉掘り聞かれるのは何故?

銀行や大手消費者金融のキャッシング契約では、所定のフォームに情報を入力するだけとなり、基本的には細かい情報まで聞かれることがありません。しかし、中小消費者金融の場合、対面での審査や契約となると細かい情報を根掘り葉掘り聞かれることがあります。

その結果、個人情報を細かく聞かれ、不安に思ってしまうこともあります。しかし、中小消費者金融は銀行や大手消費者金融に比べると資本力は非常に少なく、貸倒となった場合の損害は大きくなってしまいます。そのため、顧客情報を細かく確認し、融資リスクの大小を判断しています。

基本的には独自基準となり、大手では借り入れし難い職業属性の方でも収入面が安定し、生活状況も安定していれば少額でも融資が受けられることもあります。その逆としていくら収入が高くても浪費癖のある人はヒアリングから分かることもあり、融資を断られることもあります。中小消費者金融は銀行や大手よりも実質的には顧客情報を確認し、その情報から信用を判断します。

アルバイトでもキャッシングは可能です

アルバイトの人がキャッシングできるかについてなのですが、正確にいうと「キャッシングすることが可能」です。キャッシングができる消費者金融や銀行の利用条件に「毎月安定した収入があること」とだいたいの金融機関が定めています。

確かに、アルバイトの場合は正社員より審査が厳しいと思いますが、アルバイトでも借り入れできる金融機関が必ずあります。なので、アルバイトで借り入れをする場合は「ちゃんと自分が申し込む金融機関はアルバイトは借り入れ可能なのか」ということを調べておく必要があります。もし、申し込みして審査に落ちてしまうと信用情報機関に審査に落ちたことが載ってしまい、申込者のイメージが悪くなってしまいます。気を付けるようにしましょう。

株の儲けは借入限度額を増やすことに寄与するか?

消費者金融などでの借入の際には、副収入も年収に入れることは出来るわけですが株の儲けというのはここの中に入れることは出来るのかという疑問はあります。

このことについては、基本的にはかなり難しいといえます。

まず、売買においての株の利益というのは安定しているわけではなく、場合によっては損失も出るものです。

このケースだと安定した収入という条件は満たさない危険性が高いです。

また、株の収入二つ知恵配当金なら安定しているような部分はあります。

ですが、こちらも売却すると翌年には配当収益そのものがなくなることにもなりますし、配当も減配や無配になるリスクもありますので

こちらもなかなか安定している収入には算定されにくいでしょう。

消費者金融の有り難みが増えています

2018年1月より銀行カードローンでは即日融資が禁止され、融資まで早くても2日間かかるようになりました。そこでお急ぎの方は、土日祝日でも即日融資が可能な大手消費者金融に流れることが予測されます。即日融資の廃止はあくまでも銀行側の自主規制なので、法的にどうこうという問題でもありません。それに対象は銀行カードローンだけなので、メガバンクの傘下にある大手消費者金融でも問題なく即日融資は可能です。

さらに銀行カードローンの審査は厳しくなることが予測され、属性の低い非正規社員の方は審査に通らないかもしれません。一方消費者金融なら今まで通りパートやアルバイト、学生でも契約できます。ですから今年からは消費者金融の利用者数は増えることが予測されます。