キャッシングの限度額は申込者の年収によって決まる

消費者金融会社のキャッシングは、個人向けに提供されている融資サービスです。キャッシングの審査において限度額が決定しますが、この限度額の多さによって融資してもらえる金額の上限が決まってきます。審査で重視される事は申込者の年収であり、この年収の高さによって限度額の上限も高くなります。

消費者金融会社は貸金業法の下で運営されており、その法律には総量規制という仕組みが導入されており、消費者金融会社は総量規制を義務付けられています。総量規制が実施されている融資サービスを利用した場合、利用者の年収の3分の1が総限度額の上限になります。

キャッシングの限度額を高くするには、利用者の年収が高ければ良いのですが、継続的に利用をする事で増額という仕組みが使えるようになりますので、ある程度融資サービスを使って実績を高めたら、増額の申込みを行なってみるのも良いでしょう。