キャッシングで必要な本人確認書類

キャッシングを利用するために必要となるのが、本人確認書類です。収入証明書に関しては、50万円以上の融資を希望するなど一定の条件を満たした場合のみ提出となるのに対し、本人確認書類は希望限度額などに関わらず提出をすることになります。

どこの業者でも本人確認書類として認められるものが、顔写真のついた運転免許証とパスポート、住民基本台帳カードです。マイナンバーカードに関しては、業者によって対応が異なります。健康保険証などの顔写真がついていない本人確認書類の場合は、2種類以上の書類の提出が必要となることも少なくありません。そのため、キャッシングの審査を受ける前には、有効となる本人確認書類に関する情報をしっかりと確認しておくことが大切です。