歯が欠けた!治療にお金が!そうだカードローンがあるぞ

仕事柄、多くの人の前で話しをする機会があるのですが、さまざまな困りごとが起こります。資料が届いていなかったり、会場の準備が間に合わなかったり。

そんな困りごとがたくさんある中でも、一番困ったことは、セミナー前の食事で歯が欠けてしまったことです。幸いにも会場近くの歯科医院が応急対応できるということで行きました。30分ほどの処置でとりあえずの形にはなり、これでセミナーも何とか大丈夫だろうということで一安心していましたが、いざ会計という時に、「本日は、保険が適用できませんので、実費となります」ということを受付で言われ、請求された金額は、想定外。

手持ちでは全く足りず、どうしようかと思って財布を見てみると、以前、ネットで作ったカードローンがあることに気付きました。たまたまキャンペーンのメールが届き、何の気なしに作っておいたものでした。

そこで受付で事情を話し、コンビニに急ぎました。

初めてカードを使い、キャッシングなるものをしたところ、とても簡単に、スピーディに治療にかかった金額を用意することができました。

キャッシングをするということに、ちょっとした不安や抵抗感を持っていましたが、いざという時に役に立つということを実感した出来事でした。

無事、治療代の支払いもでき、その後のセミナーもいつも通りの調子で行いました。

家に戻り、改めて歯の治療に行き、今ではすっかり治りました。

もちろん、毎月負担のない額で返済については進んでいき、こちらもすべて終わっています。

何かの時のためにと、たくさんの現金を持ち歩くことは、逆に危険だと感じています。

でもその何かの時が起こった時に、素早く対応するツールの一つとしてカードローンでのキャッシングは心強い味方です。