銀行のカードローンは年利が低く定められているのが特徴

カードローンは主に銀行や消費者金融が提供しており、自由に使用することができます。そのためにお金に困った状況が発生した時、心強い存在として頼ることができるのが特徴になっています。今では様々な事情が発生した方がカードローンを利用しており、お金に関する困難な状況を乗り越えることに成功しています。

その中でも銀行のカードローンは、年利が低く定められているので完済するまでに少ないお金で済ませられます。消費者金融のカードローンは、年利が高く定められているので長期間融資を受ける方は損することになります。年利が低くなっている銀行のカードローンは、即日融資や審査が厳しくなっているのですが無事利用できる状況になった時は、お得にお金を借りられるのが強みです。

J.Score(ジェイスコア)とはどういうものなのでしょうか

J.Score(ジェイスコア)とは、日本初のサービスのAIを活用して算出した個人向けの消費性融資サービスのことを言います。契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に移住する方で安定、継続した収入が見込める方が利用対象になります。

学生、アルバイトをしている方でも安定した収入があれば申し込むことができますし、永住権がない外国人も申し込みができます。融資額は1万円以上、1千円単位で可能で、担保や保証人は不要です。資金使途は自由ではありますが、投機資金、事業資金には利用することができません。スコアにより借り入れが可能な金額、金利が変わりますので、まずは無料のAIスコア診断をすることをおすすめします。

銀行口座別に持っていると利用しやすい大手消費者金融がある。

銀行系カードローンですと、銀行口座を持っていないと利用が不便になるようなケースがありますが、

大手消費者金融の場合には、利用しやすうなるような銀行口座と言うものが存在します。

プロミスの場合ですと、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていますと、24時間365日融資可能な「瞬フリ」が利用できます。

これによってお金の借り入れがかなりスムーズに利用できます。

アコムの場合では、楽天銀行の口座を持っていますと、本来なら15時までの振込みの制限時間が、18時まで伸びるようになります。

直ぐにATMでは借り入れが出来なくても、上記の口座を持っていたりすれば、WEB完結で借り入れが簡潔にできるようになりますので、覚えておくといいでしょう。

AIを活用した新しい融資サービスであるJスコア

お金を借りる方法としてはキャッシングやカードローンを使うのが定番でしたが、最近みずほ銀行とソフトバンクが合弁会社を設立し、AIを活用してスコアリングを行なって、お金を借りたい人と投資をしたい人を結びつけるソーシャルレンディングサービス「Jスコア」が提供され始めました。

従来のキャッシングやカードローンは、主に担当者がスコアリングシステムなどを使って融資するかどうかを総合的に判断していましたが、Jスコアは必要なデータをAIで処理する事でスコアリングをより合理的で効率良く処理していく事が出来るようになっています。

Jスコアのスコアリングシステムの仕組みは、申込者が申込みの際に答える内容によってAI技術を活用して診断していくという事です。担当者が在籍確認をしますが、基本的な融資判断はAIが行う点が従来のサービスとは違って先進的です。

楽天銀行スーパーローンの特徴とメリット

楽天銀行では低金利で便利に借り入れができるカードローン商品である楽天銀行スーパーローンというローンを展開しています。同ローンサービスの特徴とメリットについて解説をしていきます。

・専業主婦(主夫)でも契約可能

楽天銀行スーパーローンは総量規制対象外ということもあり、申し込み者本人に安定した収入がなくても契約が可能とされています。自身に安定した収入がない専業主婦(主夫)でも配偶者に安定した収入があれば契約が可能なのです。

・振込キャッシングが便利

楽天銀行スーパーローンは振込キャッシングに対応しており、どの銀行口座にも振込ができるのですが、楽天銀行の口座があるとより便利です。楽天銀行の口座への振込キャッシングであれば24時間365日手続きから即時入金してくれる即時入金サービスの対象となっているのです。

アイフルのカーライフローンの詳細など

アイフルでは借りたお金の使いみちが自由なフリーローンだけでなく、借りたお金を自動車の購入資金などに充てようと考えている人向けに、よりお得に借り入れができるカーライフローンというローンの提供もしています。アイフルのカーライフローンの詳細などを確認していきましょう。

・貸付条件

2018年2月20日時点で実質年率は13.0%から17.0%、融資限度額は最高で100万円までとなっています。なお契約の際には資金使途がわかる請求書や自動車車検証などの提出が必要となります。

・使いみち

カーライフローンで借りたお金は自動車の購入費用や車検費用や整備費用などに利用できる他、自動車用品の購入費用として利用することもできます。

モビットですぐお金を借りる時の注意点

モビットは消費者金融なので即日融資に対応しています。審査が即日回答されるので申し込みをした日にお金を借りる事が出来ます。しかしすぐにお金を借りたい時は注意したい点もあるので申し込みをする前にしっかり把握しておく必要があります。そこでモビットですぐお金を借りる時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・振込キャッシンングで即日融資を受ける時の条件に注意

モビットはネットで申し込みをすると振込キャッシングのサービスを利用してお金を借りる事が出来ます。しかし振込キャッシングのサービスを利用する時は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を指定しなければいけないという条件があります。また銀行の営業時間内でないと振込をしてもらう事が出来ないので即日融資を受ける時は平日の14時50分までに手続きを完了させる事も条件となります。

・土日に即日融資を受ける時はカードを利用する

土日は銀行が営業していないので即日融資を受ける時はカードを発行してもらう必要があります。ネットで申し込みをした後に自動契約機でカードを発行してもらいます。それでATMで借りる事が出来ます。しかし利用するATMによっては手数料が発生してしまうので注意しましょう。

キャッシングサービスを利用する時は何を重視するのかということでしょう。

キャッシングサービスを比較すると、それぞれに特徴があることが分かります。

プロミスの場合は低金利で、即日審査が売りになっているようです。

短期借入に対する無利息サービス、学生ローン、大口ローンと、銀行顔負けのサービスをしているようです。

ポイントサービスに加入することが前提ですが、30日間無利息というサービスをしています。

50万円の借り入れで1ヶ月7000円程度のサービスになってきます。

アコムの場合は即日審査、大口ローンに続いて、24時間365日休みなしというのがアコムの特徴だと言えるでしょう。

年末年始、お盆休み、ゴールデンウイークなどのお金の入り用の時にスピーディーに対応してくれるのは、なのともありがたいですね。

パートやアルバイトでも借り入れは可能で、さすが大手のアコムと言う印象を受けますね。

アイフルを見てみると、大手のキャッシングサービスを提供している会社で、独立系の会社は珍しいですね。

銀行参加に入ることで、経営の悪化をカバーするようにしてきた消費者金融の中では、独立系と言うことで立場は苦しいのではと思っています。

いち早くネットでの借り入れや返済など、多くのサービスを手掛けてきたアイフルだけに、これからのサービスも期待が持てますね。

どの会社もCMが頭の片隅にあるので、イメージが付きやすい感じになっています。

借り入れは計画的に行いましょう。

誰にも知られず借りたかったのでモビットにしました

お金を借りたと思い消費者金融のモビットに申し込みをしました。私が必要なお金は5万円程度だったのですが友人に頼むのも親に頼むのも嫌だったので何の気を使うこともなく借りられる消費者金融に頼ることにしました。モビットを選んだのは審査に在籍確認の電話が必要とされないと判ったからです。

消費者金融に申し込みをすることには何の抵抗もありませんでしたが私にとってひとつだけ気掛かりなのが在籍確認の電話でした。在籍確認の電話を必要としない消費者金融はないものかとネットで探していてモビットを見つけました。モビットでも在籍確認の電話を避けるには幾つかの条件はあるのですが私はその条件に合っていたのは幸運でした。

申し込みはすべて自宅のパソコンから行いました。私は今の会社に勤めて6年になるサラリーマンです。他の消費者金融からお金を借りてもいません。審査にはきっと合格するだろうと思っていましたがそれでも少し不安でしたので審査に合格した通知するメールを受け取ったときは安堵しました。

希望として出していた額のお金は手続きが済むとすぐに私の銀行口座に振り込まれていました。会社にも家人にも誰にも知られることなくお金を借りることができたので本当に助かりました。お金を借りることを誰にも知られたくないと思っている方にモビットはおすすめだと思います。