キャッシングの返済はどんな方法があるの?

キャッシングを利用したあとの返済方法はどのようなものがあるでしょうか。一番ポピュラーな返済方法としては、提携ATMやコンビニATMから返済をする方法です。提携ATMの場合が近くにないという人でもコンビニATMなら意外と近くにあるものです。

多くのコンビニに設置してありますので、お買い物のついでに返済手続きをすることもできますね。返済の場合には決まった額を返済するのがルールですが、お金に余裕がある時には少し多目に入金しておくと少しでも借金を減らすことができて良いですね。

ただATMからの返済ではうっかり返済日を過ぎてしまう心配もあります。給料が入ったらすぐに返済することにしておけばまだいいですが、どうしても返済日が気になってしまうという人に便利なのは、口座引き落としです。口座引き落としは、最初に返済の手続きをしておく必要がありますが、以降はその口座に引き落とし日までに入金しておけば他の手間がありません。余計な手数料もかかりませんので便利です。

ただし、口座引き落としの場合には、返済先の名称が通帳に記載されてしまうというデメリットもあります。見る人が見ればキャッシングを利用しているのがバレてしまいますので、家族にバレたくないという時には通帳のないネットバンクを指定しておくことも良いですね。

カードローンの返済ができずにいると会社に連絡される?

キャッシングを利用していたが、どうしても返済が難しいということもあると思います。そのときには督促の電話がくるといったこともあると思いますが、会社に連絡がいくことはあるのでしょうか?借金をしていることも知られたくないと思われますが、借金の返済に困っていることはさらに知られたくないでしょう。

したがって、借金の返済に困ったときにどうしても会社に連絡だけはしないでほしいと思うのではないでしょうか?基本的には会社に連絡がいくケースが稀です。督促の電話はだいたいその本人の携帯電話や家の電話にいくことになっているので、その電話にきちんと出ていれば以降もその電話のみでやりとりが行われることになるでしょう。

返済がスムーズにいく、いかないは別にして、ちゃんと着た電話に出ていれば、会社に連絡されることは考えづらいのです。

そのため、会社に電話がいくとしたら、それらの電話に出ないようなケースです。そうなると連絡手段を他に探すしかないので、会社に電話をして、本人を出してもらうというやり方をするしかありません。それは絶対に避けたいのであれば、督促の電話など、キャッシング会社から着た電話は全て出るようにしないといけません。