キャッシングで必要な本人確認書類

キャッシングを利用するために必要となるのが、本人確認書類です。収入証明書に関しては、50万円以上の融資を希望するなど一定の条件を満たした場合のみ提出となるのに対し、本人確認書類は希望限度額などに関わらず提出をすることになります。

どこの業者でも本人確認書類として認められるものが、顔写真のついた運転免許証とパスポート、住民基本台帳カードです。マイナンバーカードに関しては、業者によって対応が異なります。健康保険証などの顔写真がついていない本人確認書類の場合は、2種類以上の書類の提出が必要となることも少なくありません。そのため、キャッシングの審査を受ける前には、有効となる本人確認書類に関する情報をしっかりと確認しておくことが大切です。

キャッシングの限度額は申込者の年収によって決まる

消費者金融会社のキャッシングは、個人向けに提供されている融資サービスです。キャッシングの審査において限度額が決定しますが、この限度額の多さによって融資してもらえる金額の上限が決まってきます。審査で重視される事は申込者の年収であり、この年収の高さによって限度額の上限も高くなります。

消費者金融会社は貸金業法の下で運営されており、その法律には総量規制という仕組みが導入されており、消費者金融会社は総量規制を義務付けられています。総量規制が実施されている融資サービスを利用した場合、利用者の年収の3分の1が総限度額の上限になります。

キャッシングの限度額を高くするには、利用者の年収が高ければ良いのですが、継続的に利用をする事で増額という仕組みが使えるようになりますので、ある程度融資サービスを使って実績を高めたら、増額の申込みを行なってみるのも良いでしょう。

中小消費者金融で契約時に根掘り葉掘り聞かれるのは何故?

銀行や大手消費者金融のキャッシング契約では、所定のフォームに情報を入力するだけとなり、基本的には細かい情報まで聞かれることがありません。しかし、中小消費者金融の場合、対面での審査や契約となると細かい情報を根掘り葉掘り聞かれることがあります。

その結果、個人情報を細かく聞かれ、不安に思ってしまうこともあります。しかし、中小消費者金融は銀行や大手消費者金融に比べると資本力は非常に少なく、貸倒となった場合の損害は大きくなってしまいます。そのため、顧客情報を細かく確認し、融資リスクの大小を判断しています。

基本的には独自基準となり、大手では借り入れし難い職業属性の方でも収入面が安定し、生活状況も安定していれば少額でも融資が受けられることもあります。その逆としていくら収入が高くても浪費癖のある人はヒアリングから分かることもあり、融資を断られることもあります。中小消費者金融は銀行や大手よりも実質的には顧客情報を確認し、その情報から信用を判断します。

キャッシングの限度額を上げてもらうには

キャッシングの限度額は年収の三分の一までという総量規制に従ったものと、貸金業者独自が設定しているものの二種類があります。キャッシングの場合、限度額は取引回数や返済状況、年収などを考慮したうえで設定されることになるので基本的に総量規制の年収の三分の一までという上限まで借りられることはほとんどありません。

また、キャッシングを初めて利用した人や取引の回数が少ない人の場合、その人物が果たして信用できる人であるかの判断材料が出揃っていないため限度額は低めに抑えられる傾向にあります。もっとキャッシングでお金を借りたいという人の場合には、幾度かキャッシングでお金を借りて返済を繰り返し取引回数を増やしたうえで増額申請をして限度額を引き上げてもらうしかありません。

アルバイトでもキャッシングを作るために

学生の方やフリーターの方は、キャッシングの申請時にアルバイトを収入源として申請する方がほとんどでしょう。しかし、キャッシングはアルバイトでも審査に通過できるのでしょうか。他に収入源のない方はチェックが必要です。

基本的に、アルバイトでも審査を通過することは十分可能です。もちろん定職に就いている方に比べると信頼性は落ちるため確実とはいえませんが、可能性としては十分ありえます。ただし、好条件でキャッシングを契約できる可能性はかなり低くなります。最低条件に近い形で契約せざるを得なくなる可能性も考慮して、本当に契約して良いのかを検討しましょう。

もし今定職に就いているのなら、その間に契約しておくことをオススメします。仮にその仕事を辞めたとしても契約が無効になることはないので、無職になってから申し込むよりはるかにキャッシング審査に通りやすくなります。

アルバイトでも可能ですが、好条件を求めているのなら厳しいということです。キャッシングはいつでも利用できる便利な存在だからこそ、返済能力が問われるのです。なるべく審査に通りやすい時に申請しておくことで、後々困る事態を避けるようにすれば、いつでも借入できるはずです。