生命保険に入っているときにキャッシング手段

生命保険に加入しているときには、実はお金を借入できる可能性があります。

①自分が契約者になっている保険であること②解約返戻金がある保険であること

という前提がいるのですが、解約返戻金というものがあるのなら保険金額の中から借りることができます。

この制度のことを「契約者貸付」と言います。

借入金額については解約返戻金金額次第であり、金額が少ないと、借りることができる金額も少なくなります。

ですので、思ったよりも期待するレベルで金額が借りられないこともあります。

金利面については、契約日の金利が適用されますが、消費者金融よりは安いため意外に知られていないにもかかわらず便利な面があります。

ただ、借金には違いないので、返済はしっかりと計画をもってしましょう。

キャッシング増額申請は案外すぐに通ります。急な出費も安心です。

1人暮らしをしていた頃、どうしても生活費が数万足りず、友達とアコムでクレジットカードを作りました。最初はキャッシング枠も少なく、その中でやりくりしていたのですが、子どもが生まれ、まとまったお金が必要になった事がありました。

どうしても手持ちの現金では足りなかったので電話で申請したのですが、当時私は転職したてで給料も少なく、増額申請が通るのか不安で仕方ありませんでした。ですが、電話にでてくれた方は迅速に手続きをしてくれ、10万円の枠増額に成功しました。

計40万ほど枠ができた事で、やりたい事を諦めずにすぐにとりかかる事ができて本当に感謝しています。必要がなくなれば電話で使わない旨を伝えればすぐやめる事も出来ますが、借り入れが数十円などの場合は手数料などかからないので、困った時のお守りとして今も契約しています。

カードを作った時も、最寄りの無人のATMで気軽に作る事ができて安心でした。

機械に身分証を読み込ませ、年収などの必要事項を入力するだけだったと思います。簡単すぎて、何をしたかあまり覚えていないくらいです。

一緒に申し込みしたフリーターの友人も無事カードを作ることが出来ていたので、収入が少ないなどで申し込みを躊躇している方がもしいらっしゃったら、試しにお近くのアコムでカードを申し込んでみるといいかと思います。

思った以上に気軽に作れますし、借りたとしてもまとまったお金が入った時に一気に返すなり、コツコツ少額ずつ返すなり、状況に合わせた返済が可能です。

自営業者の家族で、自営業を手伝っている人の化借り入れはどうなっているのか?

自営業者の中には、家族の人が自営業の手伝いをしているというようなことがあると思います。

そういった人については、お金を借りる際にはどんなふうに扱われるのでしょうか?

キャッシングにおいて、自営専従者というのは一般的に通常の給与所得者同様に給料が入っているとされますので

キャッシングも自営業者とは違った見られ方をします。

給料があるということは、一般的に従業員や社員といったようなのと一緒で安定した収入をえているものですから、

自営業者に比べると安心して借り入れをできると考えられます。

ただ、自営業のところで働いているというような点について考えると、会社の大きさとしては小さい規模の会社という風に判断はされますので

信用性はいくらか減ってしまうというゆうな事になってしまいます。

経営状況が安定しているかどうかというのは、返済に重要な要件でありますのでその審査とかにも判断を費やしたりするとなると

ちょっと時間がかかってしまったりして、即日融資といったようなことが難しくなるようなケースもあるかもしれません。

ですので、ちょっと厳しい部分も出る可能性もありますが、基本的には安心してキャッシングを利用できる環境であると思います。

分かりやすい仕組みの銀行カードローン

全国のセブンイレブンに設置されているATMは、実はセブン銀行というれっきとした銀行のATMです。セブン銀行はその名前の通り、セブンイレブングループが展開する銀行で、いわゆるネットバンクという位置付けになります。

このセブン銀行が提供するカードローンはとても分かりやすい仕組みなのが特徴で、まず申込みはセブン銀行のサイトから行うことができます。また、このカードローンを利用する条件として同銀行の口座が必須になるので、持っていない場合はここで同時に申込んで開設してください。

カードローンと言えば自分から希望額を申請するものですが、このカードローンでは10万円、30万円、50万円の3つの中からの選択になります。これ以外の金額を希望することはできません。

借り入れは契約後に発行されたキャッシングカードを使ってセブン銀行のATMから、もしくはセブン銀行の会員サイトから自分のセブン銀行の口座への振込で行うことができます。前者は千円単位、後者だと1円単位での指定が可能です。

返済は限度額が10万円の場合は毎月5千円、それ以外では毎月1万円になり、指定のセブン銀行の口座からの自動引き落としで支払いを行います。ATMを使って返済することはできません。この返済の為にセブン銀行の口座が必要になっています。

このように、まず限度額を比較的定額の3種類から選ぶ方式で、利用できるATMや振込で借り入れができる口座はどちらもセブンのもの銀行だけ、返済金額も限度額によって固定なので、とても分かりやすい仕組みになっているのがセブン銀行のカードローンです。学生や専業主婦でも利用できるところも嬉しい点で、普段からセブンイレブンをよく利用する環境で、低額の利用しか行わない人にはとてもおすすめできるカードローンだと言えそうです。

遅延損害金は大したことがない?

キャッシングには必ずこの返済損害金が設定されています。これは文字通り、返済日に支払いを行わないと発生してしまう罰金のことで、消費者金融では年利にして20%となっていることがほとんどです。金利は最高18%でも遅延損害金は20%まで認められている為、各社ともこの数字になっています。

例えば20万円を借りていて返済を3日間返済を遅延してしまうと、借りている20万円に対して日割りで3日分、年利20%の遅延損害金が発生します。これは計算をすると約328円になり、返済時にはこの分も加えて払わなくてはいけません。

しかし、この遅延損害金と通常の利息が一緒に掛かることはないので、返済を遅延してしまった次回の返済は金額こそ一緒ですが、そのうち利息に相当する分が多少減っています。その分は元金に充填されているので、実質的には通常の金利と遅延損害金の差だけを余計に支払うということです。

通常の利息が年利18%で遅延損害金が20%の場合、2%の差しかないので返済日から多少遅れてもそれほど影響はないと思ってしまうかも知れませんが、それは大きな間違いです。返済を遅延したことで受けるデメリットはこの遅延損害金より、むしろ信用情報にそれが記録されてしまうことの方です。

信用情報はあらゆるローン契約において参照されるものです。これに返済の遅延が記録されてしまうと、当然印象が悪くなってしまいます。一度や二度の数日程度の遅延であればそれほど問題になることもありませんが、このような記録は無いに越したことはありません。

よって、返済を遅延してしまうと発生する遅延損害金自体はそれほど大した金額にはなりませんが、信用情報に余計な記録を残してしまうことのないように、キャッシングの返済はきちんと行いましょう。

学生でも申込み可能なおすすめカードローン

銀行や消費者金融から融資を受けるときは、借り入れの審査を受けなければならないので、各金融業者ごとに申込みができる基準が定められています。

多くの金融業者では収入を得ていることが借り入れの条件に定められていますが、現在の金融業者は多くの利用者を獲得するために積極的に融資を行っている会社が多くありますので学生でも借り入れができるカードローンがあります。

三井住友UFJ銀行カードローンのバンクイックは、契約を希望している本人に収入がない場合の学生であっても申込みができます。

低金利で即日融資も受けられるカードローンとなっており、学生の場合は親権者の同意があれば利用限度額10万円までの範囲内で借り入れ可能となっています。

三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても、問題なく借り入れることができます。

学生でも借り入れ可能なカードローンとしておすすめできるものには、楽天銀行スーパーローンもあります。

金利も低く、口座が無くても問題ありません。

パソコン、スマートフォンでインターネット上から簡単に申し込みができて、利用限度額が200万円を超えなければ源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書の提出をしなくても借り入れることができて便利です。

キャッシングの限度額は増減できる

クレジットカードを発行すると、大部分のものにはキャッシング機能がついている。学生やアルバイトや主婦の場合は、キャッシングの限度額は10万円程である。私が持っていたカードはキャッシングの枠が20万円程あった。

その当時は主婦だったのでお金が足りない時など立て替える目的でよく利用したが、すぐに限度額まで達することもあった。限度額に達するのは早い一方で返済するのは利息がついてくるので、かなり時間も利息の負担もかかってしまった。

そのようにならないために、カードが発行された時点で、キャッシング機能を外すことや限度額を下げることが任意でできる。もちろん、カード会社に自ら電話で申し出なければならない。逆に、返済に遅れることなくきちんと返済期日を守っていたら、キャッシング枠を増加してもらえることもある。キャッシングを利用する前に自分でリミットを決めておくことが大切である。