振込融資のメリット!夜間借り入れでの手数料負担が無い!

大手消費者金融のカードローンは、Web完結手続きのほか、振込融資サービスがあり急いでいるときにはスピーディーに借り入れが可能です。特に夜間や早朝に銀行口座の残高が不足していると気付いた場合でも引き落とし前に対応することも可能です。

しかし、振込融資のメリットはこれ以外にもあり、ATMでの引き出し手数料を気にせずに済むことです。振込融資で発生する手数料は消費者金融側の負担となります。一方、提携ATMを利用すると金融機関側の手数料請求が消費者金融のカードローンから引き出されてしまい、利息も加算されてしまいます。少しでも返済額の負担を減らしたいという方は、振込融資の活用がオススメです。最近では、時間外手数料が無料の銀行もあり、口座との組み合わせが重要です。

株の儲けは借入限度額を増やすことに寄与するか?

消費者金融などでの借入の際には、副収入も年収に入れることは出来るわけですが株の儲けというのはここの中に入れることは出来るのかという疑問はあります。

このことについては、基本的にはかなり難しいといえます。

まず、売買においての株の利益というのは安定しているわけではなく、場合によっては損失も出るものです。

このケースだと安定した収入という条件は満たさない危険性が高いです。

また、株の収入二つ知恵配当金なら安定しているような部分はあります。

ですが、こちらも売却すると翌年には配当収益そのものがなくなることにもなりますし、配当も減配や無配になるリスクもありますので

こちらもなかなか安定している収入には算定されにくいでしょう。

消費者金融の有り難みが増えています

2018年1月より銀行カードローンでは即日融資が禁止され、融資まで早くても2日間かかるようになりました。そこでお急ぎの方は、土日祝日でも即日融資が可能な大手消費者金融に流れることが予測されます。即日融資の廃止はあくまでも銀行側の自主規制なので、法的にどうこうという問題でもありません。それに対象は銀行カードローンだけなので、メガバンクの傘下にある大手消費者金融でも問題なく即日融資は可能です。

さらに銀行カードローンの審査は厳しくなることが予測され、属性の低い非正規社員の方は審査に通らないかもしれません。一方消費者金融なら今まで通りパートやアルバイト、学生でも契約できます。ですから今年からは消費者金融の利用者数は増えることが予測されます。

キャッシングの利便性

年末は飲み会が多くなるシーズンです。私は仕事をしていると夕方くらいに同僚に声をかけられ、急に飲みに行くこともあるなんてケースがけっこうあります。飲みに行くのは嫌いではありませんが、出費もかさみます。上司から誘われると断れないし、後輩と行くと支払額は多めになります。

給料が固定ではない私にとって、立て続けに飲み会の予定が入ってるとピンチになることもしばしばあります。そんな時に利用しているのがキャッシングです。必要な時に必要な分だけ無人機で引き出すことができます。

初めて利用した時も、飲み会でピンチになった時のことでした。まだまだ飲み足りなそうな、同僚達を横目に財布の中をのぞくと数千円しかない私は、そっとトイレのふりをして店を出てアコムの自動契約機へ。不安もある中で審査もとっても簡単でその日にお金を借りることができました。それ以来、便利に使わせてもらってます。キャッシングはとても便利で、自分の生活を豊かにしてくれるものです。

いつもなら今月はピンチだなとなると、断ることもあったり、誘われないようにして協調性すらないと思われたり、付き合い悪いなっていわれたこともありました。キャッシングを知ってからは、いつでも自然体でいれてる自分になれた気がします。