おまとめローンは銀行がいいのか、消費者金融がいいのか。

おまとめローンは、複数ある借金を一本化して、低金利で借りることができ、月々の支払い額を落とすことができるお得なローンです。銀行でも消費者金融でもおまとめローンというサービスは利用できるのですが、どちらの方がお得に利用できるのでしょうか。

結論から言いますと「消費者金融はおまとめローンには不向き」です。お金を借り入れしている人はご存知だと思いますが、消費者金融は高金利、低限度額のためおまとめローンにはあまりおすすめできません。しかし、消費者金融は「審査が通りやすい」「審査のスピードが早い」ことに関しては銀行よりは断然上なので、銀行のおまとめローンを断られた人は消費者金融のおまとめローンを利用しましょう。

利息を少しでも抑えたいという人には「銀行のおまとめローン」がおすすめです。特にインターネット銀行は低金利でおまとめローンを組むことができます。上限金利でも10%を切るところもありますし、借入限度額も1000万円まで借り入れできるところもあります。 

なので、おまとめローンを利用しようと考えているのなら、利息を抑えたい、多くお金を借り入れしたいという人には「銀行のおまとめローン」が良いでしょう。

おまとめローンの不都合な真実について

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の借入を一本にまとめることによって、借入の管理の簡素化ができたり、金利を低くすることによって総返済額を減らすことができるメリットのたくさんある金融商品です。そして、おまとめローンは利用者の一方的に有利になる契約であるならば、総量規制の対象から外されることになっています。

例えば、総量規制の対象である消費者金融から複数の借入を抱えている多重債務者が銀行のおまとめローンを利用すれば、そのおまとめローンの利用分の借入は総量規制の金額に参入されることはありません。そのための、おまとめローンの利用者はおまとめローンの利用後には消費者金融から借入可能ということになるのです。

おまとめローンの他に消費者金融からでも総量規制の規制額まで借入が可能となります。どうしてもお金が必要であるという場合はあるでしょうが、これでは破綻する人が増えてしまうのは必然と言っていいでしょう。法律的には問題がないということですから、法律が不備であるということになります。

せっかくのおまとめローンのメリットがこのようなことでは台無しになってしまうことは明らかです。法律の速やかな改正が必要なのではないでしょうか。