キャッシングの利便性

年末は飲み会が多くなるシーズンです。私は仕事をしていると夕方くらいに同僚に声をかけられ、急に飲みに行くこともあるなんてケースがけっこうあります。飲みに行くのは嫌いではありませんが、出費もかさみます。上司から誘われると断れないし、後輩と行くと支払額は多めになります。

給料が固定ではない私にとって、立て続けに飲み会の予定が入ってるとピンチになることもしばしばあります。そんな時に利用しているのがキャッシングです。必要な時に必要な分だけ無人機で引き出すことができます。

初めて利用した時も、飲み会でピンチになった時のことでした。まだまだ飲み足りなそうな、同僚達を横目に財布の中をのぞくと数千円しかない私は、そっとトイレのふりをして店を出てアコムの自動契約機へ。不安もある中で審査もとっても簡単でその日にお金を借りることができました。それ以来、便利に使わせてもらってます。キャッシングはとても便利で、自分の生活を豊かにしてくれるものです。

いつもなら今月はピンチだなとなると、断ることもあったり、誘われないようにして協調性すらないと思われたり、付き合い悪いなっていわれたこともありました。キャッシングを知ってからは、いつでも自然体でいれてる自分になれた気がします。

カードローンの返済ができずにいると会社に連絡される?

キャッシングを利用していたが、どうしても返済が難しいということもあると思います。そのときには督促の電話がくるといったこともあると思いますが、会社に連絡がいくことはあるのでしょうか?借金をしていることも知られたくないと思われますが、借金の返済に困っていることはさらに知られたくないでしょう。

したがって、借金の返済に困ったときにどうしても会社に連絡だけはしないでほしいと思うのではないでしょうか?基本的には会社に連絡がいくケースが稀です。督促の電話はだいたいその本人の携帯電話や家の電話にいくことになっているので、その電話にきちんと出ていれば以降もその電話のみでやりとりが行われることになるでしょう。

返済がスムーズにいく、いかないは別にして、ちゃんと着た電話に出ていれば、会社に連絡されることは考えづらいのです。

そのため、会社に電話がいくとしたら、それらの電話に出ないようなケースです。そうなると連絡手段を他に探すしかないので、会社に電話をして、本人を出してもらうというやり方をするしかありません。それは絶対に避けたいのであれば、督促の電話など、キャッシング会社から着た電話は全て出るようにしないといけません。