アイフルのキャッシングサービスの特徴って

アイフルのキャッシングサービスは初めて消費者金融から借入をしようと考えている人でも安心して利用できる仕組みが複合的に整っています。アイフルのキャッシングサービスの特徴について詳しくみていきましょう。

・即日借り入れができる

アイフルのキャッシングは最短で30分で審査が済みますし、審査通過後はアイフルの店頭窓口や自動契約コーナーなどで即日ローンカードの受取ができます。ローンカード受領後は直ちにキャッシングが利用できるので急いでいる場合に大変便利です。

・手間が最小限

インターネット経由で申込みをすれば契約書面に記入や捺印をする必要がありませんし、契約の際には保証人や担保も不要なので必要となったらすぐに申込みができます。また利用限度額が50万円以下の申込みであれば収入証明書類の提出も不要で、原則運転免許証さえあれあ契約ができるので、銀行のローンなどと比較すると圧倒的に少ないてまで契約ができます。

・30日間の無利息期間がある

アイフルの利用が初めての場合、契約日の翌日から30日間は無利息キャッシング期間となり、借入金に対する利息が0円となります。無利息キャッシング期間中であれば追加融資を受けても再融資を受けても支払う利息は0円となります。

『借り入れは必要な時だけ!不要な借金はしない』という方はカードローンは不向き?

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度額内であれば繰り返し利用でき、利用の都度審査がないという利便性やスピード感があります。利用残高が無くても契約状態に出来るため、万が一に備えて契約することも可能です。

ですが、『借り入れは必要な時だけに限定したい』、『不要な借金は絶対にしない』、『いつでも借り入れ出来るのは不安』そして『収入の範囲内で生活する』といった方にはカードローンはあまりメリットがありません。

むしろ、これらの考えを持っている方は、利用する目的が定まった際にキャッシング契約を検討することになるため、利用目的が自由のカードローンよりも目的ローンの方がピッタリになります。

目的ローンや一括借り入れ後は返済のみになるローンの場合、金利はカードローンに比べると大幅に下がります。そのため、広告やインターネットCM、ホームページでの紹介に騙されないよう、先ずは目的ローンを優先して検討することがおすすめです。また、カードローンの場合、契約状態になっていると本当に必要なローン契約の審査で不利になる可能性も高いため、借り入れ頻度が低いもしくは殆ど利用しないという方は契約を避けるのがベターです。持っていても利用せず、不利益になるものは利便性があるどころかデメリットでしかありません。

歯が欠けた!治療にお金が!そうだカードローンがあるぞ

仕事柄、多くの人の前で話しをする機会があるのですが、さまざまな困りごとが起こります。資料が届いていなかったり、会場の準備が間に合わなかったり。

そんな困りごとがたくさんある中でも、一番困ったことは、セミナー前の食事で歯が欠けてしまったことです。幸いにも会場近くの歯科医院が応急対応できるということで行きました。30分ほどの処置でとりあえずの形にはなり、これでセミナーも何とか大丈夫だろうということで一安心していましたが、いざ会計という時に、「本日は、保険が適用できませんので、実費となります」ということを受付で言われ、請求された金額は、想定外。

手持ちでは全く足りず、どうしようかと思って財布を見てみると、以前、ネットで作ったカードローンがあることに気付きました。たまたまキャンペーンのメールが届き、何の気なしに作っておいたものでした。

そこで受付で事情を話し、コンビニに急ぎました。

初めてカードを使い、キャッシングなるものをしたところ、とても簡単に、スピーディに治療にかかった金額を用意することができました。

キャッシングをするということに、ちょっとした不安や抵抗感を持っていましたが、いざという時に役に立つということを実感した出来事でした。

無事、治療代の支払いもでき、その後のセミナーもいつも通りの調子で行いました。

家に戻り、改めて歯の治療に行き、今ではすっかり治りました。

もちろん、毎月負担のない額で返済については進んでいき、こちらもすべて終わっています。

何かの時のためにと、たくさんの現金を持ち歩くことは、逆に危険だと感じています。

でもその何かの時が起こった時に、素早く対応するツールの一つとしてカードローンでのキャッシングは心強い味方です。

おまとめローンは銀行がいいのか、消費者金融がいいのか。

おまとめローンは、複数ある借金を一本化して、低金利で借りることができ、月々の支払い額を落とすことができるお得なローンです。銀行でも消費者金融でもおまとめローンというサービスは利用できるのですが、どちらの方がお得に利用できるのでしょうか。

結論から言いますと「消費者金融はおまとめローンには不向き」です。お金を借り入れしている人はご存知だと思いますが、消費者金融は高金利、低限度額のためおまとめローンにはあまりおすすめできません。しかし、消費者金融は「審査が通りやすい」「審査のスピードが早い」ことに関しては銀行よりは断然上なので、銀行のおまとめローンを断られた人は消費者金融のおまとめローンを利用しましょう。

利息を少しでも抑えたいという人には「銀行のおまとめローン」がおすすめです。特にインターネット銀行は低金利でおまとめローンを組むことができます。上限金利でも10%を切るところもありますし、借入限度額も1000万円まで借り入れできるところもあります。 

なので、おまとめローンを利用しようと考えているのなら、利息を抑えたい、多くお金を借り入れしたいという人には「銀行のおまとめローン」が良いでしょう。

おまとめローンの不都合な真実について

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の借入を一本にまとめることによって、借入の管理の簡素化ができたり、金利を低くすることによって総返済額を減らすことができるメリットのたくさんある金融商品です。そして、おまとめローンは利用者の一方的に有利になる契約であるならば、総量規制の対象から外されることになっています。

例えば、総量規制の対象である消費者金融から複数の借入を抱えている多重債務者が銀行のおまとめローンを利用すれば、そのおまとめローンの利用分の借入は総量規制の金額に参入されることはありません。そのための、おまとめローンの利用者はおまとめローンの利用後には消費者金融から借入可能ということになるのです。

おまとめローンの他に消費者金融からでも総量規制の規制額まで借入が可能となります。どうしてもお金が必要であるという場合はあるでしょうが、これでは破綻する人が増えてしまうのは必然と言っていいでしょう。法律的には問題がないということですから、法律が不備であるということになります。

せっかくのおまとめローンのメリットがこのようなことでは台無しになってしまうことは明らかです。法律の速やかな改正が必要なのではないでしょうか。

住んでいなくても利用できる全国対応の地方銀行

カードローンの利用において銀行は、低金利かつ限度額の大きさが魅力と言えます。

全国に支店を構えている大手銀行以外にもカードローンを扱っている地方銀行の数は多く、消費者金融と比較すると金利面の条件も良いため、地元の利用者を中心にサービスを展開しています。

また最近ではネットバンキングの普及にともない、全国対応している地方銀行も出てきているので、地元に住んでいる方以外の人も利用できるローン商品が増えています。

カードローンの利用を検討している方は、大手銀行だけでなく地方銀行の利用も含めて検討してみると、自分に合った銀行が見つかるかもしれません。

ただし住んでいる場所は問わなくても申し込み時に口座を開設する必要がある銀行も少なくないため、利用条件はしっかりと確認しておくようにしましょう。

安易なキャッシングで生活苦になった

私は以前、本当に安易な気持ちでキャッシングに手を出してしまいました。

そんなに持ち合わせがないのに欲しいものができ、そこが現金のみのお店だったので気楽にキャッシング。

クレジットカードはお財布に入っていたんですが、キャッシュカードを持ってきていなかったので、あとで振り込んでおけばいいか…という気持ちでした。

最初にそんな安易な感じでキャッシングをしてしまったため、その後も持ち合わせがない時はキャッシングをするようになってしまいました。

そのうちクレジット機能が使えなくなり、キャッシングした分を貯金から穴埋めすることもできなくなり、現金のみの生活に。

現金のみの生活と言っても、その中からクレジットの支払いやキャッシングの返済もしなければならなかったので、本当に生活は苦しくなりました。

プロミスの目的ローンの特徴やフリーキャッシングとの違い

プロミスではまとまったお金をお得に借りることができる目的ローンというローンの取り扱いがあります。目的ローンの特徴やフリーキャッシングとの違いなどを解説していきます。

まず目的ローンの商品概要ですが、2019年3月7日時点で融資限度額が300万円まで実質年率は6.3%から16.5%となっています。実質年率の上限がフリーキャッシングより低いので初めてローンを利用する人でもお得に借り入れが特徴があります。

なおフリーキャッシングとの違いですが、フリーキャッシングは契約後任意のタイミングで必要な金額を借りるのに対し、目的ローンは契約時に決まった金額を一括で借入、その後は返済のみを行っていくことになります。再融資を受ける場合には再度申し込みを行い、審査を通過する必要がある点がフリーキャッシングとの大きな違いとなります。

利息をかけずにキャッシングを行いたい方必見!

キャッシングと聞くとお金を借りる際に利息がかかり、多くの借金を抱えてしまうと思っている方もきっといらっしゃると思います。しかしながらどの消費者金融や銀行でキャッシングを行うのかと言うことや、どのプランを利用するのかと言うことによって、利息がかからない方法でキャッシングを行うことが実は出来るてしまうのです。

その方法とは「消費者金融の初回無料キャンペーンを利用して利息をかからないように利用する」と言うことです。最近消費者金融によって、50万円までのキャッシングは最大で30日間、5万円以内のキャッシングは90日間利息がかからずに利用できると言うキャンペーンを行っています。プロミスやアコム、レイクなどで主に行われているキャンペーンですので、キャッシングを行おうと考えている方は検討してみて下さい。

アコムの返済方法はネットが便利です。

アコムの返済はATMでの返済や銀行振込の他にもネットで直接返済するという方法があります。

あらかじめアコムでネットでの返済ができるように会員番号と暗証番号を入力する必要がありますし、銀行口座の方もネットバンクの契約をしておく必要がありますが、ネットからの返済はATMを探さなくてもいい上、最低返済額以上であれば細かい金額を入力することもできるので1円単位で払いたい場合でも可能です。

更にネットを利用することで返済期限の確認をすることや、連絡先を載せているのでちょっと相談をしたいときはすぐに電話ができるというメリットがあります。

急に現金が必要になり借りた場合も、すぐに返済をすれば金利も銀行の手数料から比べると安いので必要なときに借りるにはアコムは便利です。

大学生でもキャッシングを受ける事は可能なの?

大学生の方で急にお金が必要となり、お金を工面するのに大変な思いをしたと言う方はいらっしゃらないでしょうか?その際には様々な方法や手立てがあったと思いますが、実は大学生でもキャッシングを受けることが可能です。

大学生と言うことで収入はほとんどないと思いますが、ある程度の収入があり、キャッシングを受けた際の返済能力があるとみなされた場合には、消費者金融や銀行によって一定の金額を借り入れることが可能です。またそのような大学生に対し、優遇されたプランや返済方法がある場合もあります。もしそのようなところでキャッシングを行いたいと言う方はインターネットなどから検索を行い、実際にキャッシングをしてみると良いでしょう。

カードローンを契約するメリットは

計画的な生活をしていても、急な出費などが重なりお金が足りない状態になってしまうことは珍しくありません。そんな状態を上手く切り抜けたいという時に便利なサービスが、カードローンです。

カードローンの魅力は、担保や保証人を必要とせずに借入ができることです。そのため、担保がないという人でも保証人になってくれる人がないという人でも、気軽に利用することができます。そして、借入や保証人に関することで周りの人とトラブルになる心配もありません。

そのため、急な出費が必要になった時などは、カードローンの利用を考えておくと良いでしょう。即日融資が可能な業者も多くありますが、より手軽に借入をしたいのであれば、早めに審査を受けて契約を済ませておくことがおすすめです。

銀行のカードローンは年利が低く定められているのが特徴

カードローンは主に銀行や消費者金融が提供しており、自由に使用することができます。そのためにお金に困った状況が発生した時、心強い存在として頼ることができるのが特徴になっています。今では様々な事情が発生した方がカードローンを利用しており、お金に関する困難な状況を乗り越えることに成功しています。

その中でも銀行のカードローンは、年利が低く定められているので完済するまでに少ないお金で済ませられます。消費者金融のカードローンは、年利が高く定められているので長期間融資を受ける方は損することになります。年利が低くなっている銀行のカードローンは、即日融資や審査が厳しくなっているのですが無事利用できる状況になった時は、お得にお金を借りられるのが強みです。

キャッシングで必要な本人確認書類

キャッシングを利用するために必要となるのが、本人確認書類です。収入証明書に関しては、50万円以上の融資を希望するなど一定の条件を満たした場合のみ提出となるのに対し、本人確認書類は希望限度額などに関わらず提出をすることになります。

どこの業者でも本人確認書類として認められるものが、顔写真のついた運転免許証とパスポート、住民基本台帳カードです。マイナンバーカードに関しては、業者によって対応が異なります。健康保険証などの顔写真がついていない本人確認書類の場合は、2種類以上の書類の提出が必要となることも少なくありません。そのため、キャッシングの審査を受ける前には、有効となる本人確認書類に関する情報をしっかりと確認しておくことが大切です。

迅速で丁寧な対応のアコムさんに感謝しています

私が初めて消費者金融のアコムさんを利用したきっかけは生活費不足のためでした。その当時、実家の家業手伝いをしており、まとまった収入がなかった私は、10万円アコムさんから融資を受けました。地元で、誰かに見られるのが恥ずかしいと思った私は、店舗に行く勇気がなく無人契約機に行きました。

緊張していた私に、インターフォンから聞こえるスタッフの方は親切丁寧に手続きくださり、支障なく契約でき、無人契約機の隣の部屋にあるATMで40分位で融資を受けることが出来ました。そして、とても有難かったのが、1ヶ月間の利息無料のキャンペーンがあり、普段は日ごとの利息計算を無料で利用できるというもので、初めての支払日は元金のみで5,000円の入金で済みました。

自分の生活スタイルに合わせて、支払金額も決定でき、支払サイクルも35日サイクルで早めに支払ったり、24時間自宅からネットバンクで支払いも出来、とても利便性があり、利用して満足しています。

J.Score(ジェイスコア)とはどういうものなのでしょうか

J.Score(ジェイスコア)とは、日本初のサービスのAIを活用して算出した個人向けの消費性融資サービスのことを言います。契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に移住する方で安定、継続した収入が見込める方が利用対象になります。

学生、アルバイトをしている方でも安定した収入があれば申し込むことができますし、永住権がない外国人も申し込みができます。融資額は1万円以上、1千円単位で可能で、担保や保証人は不要です。資金使途は自由ではありますが、投機資金、事業資金には利用することができません。スコアにより借り入れが可能な金額、金利が変わりますので、まずは無料のAIスコア診断をすることをおすすめします。

銀行口座別に持っていると利用しやすい大手消費者金融がある。

銀行系カードローンですと、銀行口座を持っていないと利用が不便になるようなケースがありますが、

大手消費者金融の場合には、利用しやすうなるような銀行口座と言うものが存在します。

プロミスの場合ですと、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていますと、24時間365日融資可能な「瞬フリ」が利用できます。

これによってお金の借り入れがかなりスムーズに利用できます。

アコムの場合では、楽天銀行の口座を持っていますと、本来なら15時までの振込みの制限時間が、18時まで伸びるようになります。

直ぐにATMでは借り入れが出来なくても、上記の口座を持っていたりすれば、WEB完結で借り入れが簡潔にできるようになりますので、覚えておくといいでしょう。

キャッシングの限度額は申込者の年収によって決まる

消費者金融会社のキャッシングは、個人向けに提供されている融資サービスです。キャッシングの審査において限度額が決定しますが、この限度額の多さによって融資してもらえる金額の上限が決まってきます。審査で重視される事は申込者の年収であり、この年収の高さによって限度額の上限も高くなります。

消費者金融会社は貸金業法の下で運営されており、その法律には総量規制という仕組みが導入されており、消費者金融会社は総量規制を義務付けられています。総量規制が実施されている融資サービスを利用した場合、利用者の年収の3分の1が総限度額の上限になります。

キャッシングの限度額を高くするには、利用者の年収が高ければ良いのですが、継続的に利用をする事で増額という仕組みが使えるようになりますので、ある程度融資サービスを使って実績を高めたら、増額の申込みを行なってみるのも良いでしょう。

インターネット上からなら時間を気にせずキャッシングに申し込める

インターネットで消費者金融のキャッシングに申し込みをするメリットは、営業時間を気にせずにいつでもキャッシングに申し込める点にあります。消費者金融のキャッシングへの申し込み方法で一般的なのは店頭での申し込みですが、消費者金融の店舗は営業時間はそれほど長くはなく仕事帰りに寄ろうと思っても営業時間が終わってしまっている場合があります。

それに対してインターネットでのキャッシングの申し込みならば年中無休で二十四時間受付に対応しているので営業時間を気にせずにいつでもキャッシングに申し込むことができます。仕事やスケジュールの都合上、消費者金融の店舗に足を運ぶ暇がないという方はキャッシングの申し込みをインターネットですることをおすすめします。

三井住友銀行のカードローンの申し込み方は?

三井住友銀行のカードローンは低金利で限度額が高く設定されているのでお金を借りやすいとネットの口コミで高い評価を受けています。最近では利用者も増え続けていますが、申し込み方が分からない人も少なくないでしょう。そこで三井住友銀行のカードローンはどのように申し込む事が出来るのか見ていく事にしましょう。

三井住友銀行の店舗内にローン契約機が設置されています。消費者金融の自動契約機にようなものでカードローンの申込手続きをする事が出来ます。タッチパネルの指示に従って操作すれば手続きが完了するのでローン契約機を利用して申し込む人が多いです。また三井住友銀行のカードローンはインターネットバンキングでの申し込みも可能となっています。店舗に出向くのが面倒な人は利用してみるといいでしょう。

AIを活用した新しい融資サービスであるJスコア

お金を借りる方法としてはキャッシングやカードローンを使うのが定番でしたが、最近みずほ銀行とソフトバンクが合弁会社を設立し、AIを活用してスコアリングを行なって、お金を借りたい人と投資をしたい人を結びつけるソーシャルレンディングサービス「Jスコア」が提供され始めました。

従来のキャッシングやカードローンは、主に担当者がスコアリングシステムなどを使って融資するかどうかを総合的に判断していましたが、Jスコアは必要なデータをAIで処理する事でスコアリングをより合理的で効率良く処理していく事が出来るようになっています。

Jスコアのスコアリングシステムの仕組みは、申込者が申込みの際に答える内容によってAI技術を活用して診断していくという事です。担当者が在籍確認をしますが、基本的な融資判断はAIが行う点が従来のサービスとは違って先進的です。