大手の消費者金融を利用した方がいい2つの理由

大手の消費者金融は中小の消費者金融より審査で融通が利かないので何か問題が生じてしまうと落ちてしまいます。それで中小の消費者金融を利用する人もいますが、お金を借りる時はやはり大手の消費者金融を利用した方がいいです。そこで大手の消費者金融を利用した方がいい理由を挙げていく事にしましょう。

・倒産の心配がほとんどない

中小の消費者金融は経営状態が悪化して倒産してしまう事もあります。しかし大手の消費者金融は大手銀行が親会社になっていたりするので経営状態が安定していて倒産してしまう事はほとんどありません。経営状態が安定していると安心してお金を借りる事が出来るので大手の消費者金融を利用する人も多いです。

・コンビニのATMで借り入れや返済が出来る

中小の消費者金融は借入方法や返済方法が限定されていますが、大手の消費者金融は自社ATMだけでなくコンビニのATMも利用する事が出来ます。コンビニは全国各地にあるので大手の消費者金融を利用しているとどこにいても借り入れや返済をする事が出来ます。利便性が高いのも大手の消費者金融を利用した方がいい理由になります。

大手の消費者金融はサービス面でもすごく充実しているのでお金を借りる時に利用するのがオススメです。

消費者金融のキャッシングが人気の理由は即日融資にある

現在は多くの金融サービスがありますが、その中でも多くの人たちに利用されているのが消費者金融のキャッシングです。
消費者金融のキャッシングが人気のサービスとして利用されているのは即日融資が可能だからです。

お金に困っている時は誰でも1分1秒でも早く必要なお金を用意したいと考えるものです。
消費者金融のキャッシングは独自の審査法から最短30分程度で審査を終えられます。そのため、初めての利用でも1時間もかけずに融資を受けることが可能となっています。

そのため、急な出費への対応として利用する方が多く、お金のピンチの便利な解決策として重宝されています。
そして、消費者金融のキャッシングは50万円を超える借入でなければ収入証明書の提出を必要としません。

申し込みにあたって必要となるのは身分証明書だけなので、免許証や健康保険証、パスポート等があれば、すぐに申し込みを行うことが出来ます。

財布や鞄に免許証や健康保険証が入っていれば、出がけ先でお金に困っても最寄りの消費者金融の店舗に足を運べば、時間をかけずにお金の悩みを解消出来ます。
こうした素早い審査により即日融資が可能となっていることから、消費者金融のキャッシングは人気の金融サービスとなっています。

学生でもキャッシングは利用できます

キャッシングが利用できるのは20歳以上ですが、学生でもこの20歳以上であれば問題なく利用することができます。

ただし、社会人が利用する場合と同様に、自分自身に収入があることが条件です。仕送りや奨学金は収入とは判断されないので、パートやアルバイトなどで自分が働いて稼いだ収入が求められます。

社会人の月給とは違い、学生のパートやアルバイトでは毎月の収入が安定しないことが多いです。特にテスト期間中や長期の休みになると収入が減ることが考えられる為、それほど高い限度額での契約は行えませんが、概ね直近の2ヶ月分の給与明細から算出した年収額の1/3まで借りることができると考えていいでしょう。

例を挙げると、直近の1ヶ月の収入が6万円で、その前の月が4万円だった場合、合計した10万円に6を掛けて、おおよその年収と判断します。この例では約60万円の年収になり、その1/3に当たる20万円までなら借りられるということになります。

また、これは消費者金融を利用した場合の話です。銀行のカードローンでは、学生は年齢や収入に関わらず、利用できないことがほとんどです。利用できたとしても10万円程度が上限になることが多く、学生がキャッシングを利用するには向いていないと言えます。

消費者金融では、学生でも社会人でも、きちんとした収入があれば、それに沿った金額を利用することができます。学生の場合は消費者金融を利用することをおすすめします。

総量規制対象外のキャッシングとは?

キャッシングには貸金業法によって総量規制という規定があります。これは、年収の1/3が借り入れを行える上限だという規定で、1社からの借り入れだけでなく、全てのキャッシングを合計した金額が対象になります。

ですが、この総量規制の対象外となるキャッシングがあり、銀行や信用金庫のカードローンといった銀行系のキャッシングがそれも当たります。これらには貸金業法ではなく、銀行法という別の法律が適用されます。つまり、総量規制とは全く関係のない借り入れになる為です。

しかし、だからと言って無制限に借りられるという訳でもなく、銀行や信用金庫などが返済が可能だと判断した金額までになります。年収の1/3までという機械的な制限こそありませんが、多くの場合、おおよそ年収の半分程度が借りられる限度だと考えてください。

また、本来は総量規制が適用される消費者金融などのノンバンクからのキャッシングでも、その対象外となる場合があります。それは、おまとめローンと呼ばれる借り換え専用のローン契約と、借り入れを行ったお金の使い道が決まっている目的別ローン契約です。

これらのローン契約では、審査結果によっては年収の1/3を超える借り入れも可能です。特におまとめローンは借り換えにはとても有効な手段なので、借り入れ金額が大きくなってしまう場合でも、気にせずに申込みを行ってみてください。

キャッシング会社を選ぶときに気を付けること

キャッシングの利用を申し込むときのタイミングは、基本的に「お金があるとき」に行うのが良いでしょう。

どうしてもキャッシングは、お金が足りなくなった時に焦って利用してしまうものです。しかしながら、無職のように本当にお金が底をついてしまった状態では、キャッシングの審査に通ることができません。
ですから、仕事をしていて比較的お金に余裕があるときに申し込みをしておくと、審査にはほぼ通ることができますし、キャッシング会社の比較検討も冷静に行うことができます。

やはり何事も焦った状態では判断が非常に鈍ってしまいます。結果的に損をしてしまったということにならないように、キャッシング会社選びは慎重かつ冷静に進めることが大切です。

また、一番選ぶときに良いのは実際に使っているひとの声を聞いてみるということです。というのは、やはりネットで上がっている情報は広告の場合がありますから、純粋に利用している人の本音が聞けるということが重要になるわけです。

しかしネットではその判断が付かないこともあります。もちろん、本当に利用している人の声が入っているときもありますので、一概には言えませんが、
確実なのは近くに利用している人を見つけて感想を聞いてみるのがベストです。

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをすると受けられる3つの特典

モビットはWEB完結申込を利用するのがオススメと言われているので他の消費者金融に比べて利便性が高いと感じる人も多いです。そこでWEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをするとどのような特典があるのか見ていく事にしましょう。

・来店不要になる

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをする時は契約手続きまでがネット上で出来てしまうので来店する必要がなくなります。住んでいる場所の近くに自動契約機などがない人にとっては大きなメリットになります。

・電話でのやりとりが一切なくなる

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをすると電話でのやり取りが一切なくなります。在籍確認をする時は勤務先に電話をかけるのが基本になりますが、他の方法で行ってもらえるので職場の人にお金を借りるのがバレてしまう事がなくなります。

・自宅への郵送物が一切なくなる

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをすると自宅への郵送物が一切なくなります。利用明細書はネット上で確認する事が出来るようになるので自宅に郵送されてくる事はありません。自宅への郵送物がなくなると家族にお金を借りるのがバレてしまう事がなくなります。

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをするとこのような特典が受けられるのでオススメです。

キャッシング審査の過程における本人確認

キャッシング審査において本人確認は必須であり、まずは審査申込の際に本人である事を証明する書類として、運転免許証や保険証、パスポート等から1点提出が必要です。

提出資料を確認する作業として、業者が在籍している勤務先に電話確認を行う作業もあり、その作業が終われば本人確認は終了して審査結果次第で契約に至ります。

この時の電話連絡による在籍確認は、条件次第で回避する事が出来る所もあり、勤務先が記載された保険証を提示する等が必要になりますが、会社に電話がかかってくるのは避けたい場合は相談すると良いです。

もちろん在籍確認電話を必須にしている業者もありますから、本人確認のルールを知った上で申し込み先を選ぶ必要もあり、キャッシングを行う前に各業者のサービス内容をチェックする際、在籍確認がどうなっているか見ておくと良いでしょう。

書類の提出は郵送やファックス、メール添付と様々な方法がありますが、最近はネット経由で完結するサービスも整っており、本人確認資料をスマホカメラで撮影して、それを業者指定の場所にアップロードするだけで提出完了の所も増えています。

本人が業者に足を運んで担当者と対面しなくても、本人確認が出来るという事です。

すぐにお金が必要なときでも安心な消費者金融のキャッシング

携帯電話代や家賃の支払いを忘れていたときや、急に家電製品が故障してしまったというときにそれらの出費に対処できるだけの現金を持ち合わせていないことはしばしばあります。そのようなときに便利なのが消費者金融のキャッシングです。

消費者金融のキャッシングではさまざまな方法での申し込みを受け付けており、店頭での申し込みだけではなくネットからや無人契約機などでいつでもキャッシングの申し込みが可能になっています。そのため、すぐにお金を借りたいというときでもキャッシングならばいつでも最短の時間で希望するだけのお金を借りることができます。

また、キャッシングでは限度額以内であれば何度でも繰り返して必要な分のお金を借りられるので、お財布がピンチのときはいつでも心強い存在になってくれます。

アイフルのキャッシングサービスの特徴って

アイフルのキャッシングサービスは初めて消費者金融から借入をしようと考えている人でも安心して利用できる仕組みが複合的に整っています。アイフルのキャッシングサービスの特徴について詳しくみていきましょう。

・即日借り入れができる

アイフルのキャッシングは最短で30分で審査が済みますし、審査通過後はアイフルの店頭窓口や自動契約コーナーなどで即日ローンカードの受取ができます。ローンカード受領後は直ちにキャッシングが利用できるので急いでいる場合に大変便利です。

・手間が最小限

インターネット経由で申込みをすれば契約書面に記入や捺印をする必要がありませんし、契約の際には保証人や担保も不要なので必要となったらすぐに申込みができます。また利用限度額が50万円以下の申込みであれば収入証明書類の提出も不要で、原則運転免許証さえあれあ契約ができるので、銀行のローンなどと比較すると圧倒的に少ないてまで契約ができます。

・30日間の無利息期間がある

アイフルの利用が初めての場合、契約日の翌日から30日間は無利息キャッシング期間となり、借入金に対する利息が0円となります。無利息キャッシング期間中であれば追加融資を受けても再融資を受けても支払う利息は0円となります。

『借り入れは必要な時だけ!不要な借金はしない』という方はカードローンは不向き?

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度額内であれば繰り返し利用でき、利用の都度審査がないという利便性やスピード感があります。利用残高が無くても契約状態に出来るため、万が一に備えて契約することも可能です。

ですが、『借り入れは必要な時だけに限定したい』、『不要な借金は絶対にしない』、『いつでも借り入れ出来るのは不安』そして『収入の範囲内で生活する』といった方にはカードローンはあまりメリットがありません。

むしろ、これらの考えを持っている方は、利用する目的が定まった際にキャッシング契約を検討することになるため、利用目的が自由のカードローンよりも目的ローンの方がピッタリになります。

目的ローンや一括借り入れ後は返済のみになるローンの場合、金利はカードローンに比べると大幅に下がります。そのため、広告やインターネットCM、ホームページでの紹介に騙されないよう、先ずは目的ローンを優先して検討することがおすすめです。また、カードローンの場合、契約状態になっていると本当に必要なローン契約の審査で不利になる可能性も高いため、借り入れ頻度が低いもしくは殆ど利用しないという方は契約を避けるのがベターです。持っていても利用せず、不利益になるものは利便性があるどころかデメリットでしかありません。

歯が欠けた!治療にお金が!そうだカードローンがあるぞ

仕事柄、多くの人の前で話しをする機会があるのですが、さまざまな困りごとが起こります。資料が届いていなかったり、会場の準備が間に合わなかったり。

そんな困りごとがたくさんある中でも、一番困ったことは、セミナー前の食事で歯が欠けてしまったことです。幸いにも会場近くの歯科医院が応急対応できるということで行きました。30分ほどの処置でとりあえずの形にはなり、これでセミナーも何とか大丈夫だろうということで一安心していましたが、いざ会計という時に、「本日は、保険が適用できませんので、実費となります」ということを受付で言われ、請求された金額は、想定外。

手持ちでは全く足りず、どうしようかと思って財布を見てみると、以前、ネットで作ったカードローンがあることに気付きました。たまたまキャンペーンのメールが届き、何の気なしに作っておいたものでした。

そこで受付で事情を話し、コンビニに急ぎました。

初めてカードを使い、キャッシングなるものをしたところ、とても簡単に、スピーディに治療にかかった金額を用意することができました。

キャッシングをするということに、ちょっとした不安や抵抗感を持っていましたが、いざという時に役に立つということを実感した出来事でした。

無事、治療代の支払いもでき、その後のセミナーもいつも通りの調子で行いました。

家に戻り、改めて歯の治療に行き、今ではすっかり治りました。

もちろん、毎月負担のない額で返済については進んでいき、こちらもすべて終わっています。

何かの時のためにと、たくさんの現金を持ち歩くことは、逆に危険だと感じています。

でもその何かの時が起こった時に、素早く対応するツールの一つとしてカードローンでのキャッシングは心強い味方です。

おまとめローンは銀行がいいのか、消費者金融がいいのか。

おまとめローンは、複数ある借金を一本化して、低金利で借りることができ、月々の支払い額を落とすことができるお得なローンです。銀行でも消費者金融でもおまとめローンというサービスは利用できるのですが、どちらの方がお得に利用できるのでしょうか。

結論から言いますと「消費者金融はおまとめローンには不向き」です。お金を借り入れしている人はご存知だと思いますが、消費者金融は高金利、低限度額のためおまとめローンにはあまりおすすめできません。しかし、消費者金融は「審査が通りやすい」「審査のスピードが早い」ことに関しては銀行よりは断然上なので、銀行のおまとめローンを断られた人は消費者金融のおまとめローンを利用しましょう。

利息を少しでも抑えたいという人には「銀行のおまとめローン」がおすすめです。特にインターネット銀行は低金利でおまとめローンを組むことができます。上限金利でも10%を切るところもありますし、借入限度額も1000万円まで借り入れできるところもあります。 

なので、おまとめローンを利用しようと考えているのなら、利息を抑えたい、多くお金を借り入れしたいという人には「銀行のおまとめローン」が良いでしょう。

おまとめローンの不都合な真実について

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の借入を一本にまとめることによって、借入の管理の簡素化ができたり、金利を低くすることによって総返済額を減らすことができるメリットのたくさんある金融商品です。そして、おまとめローンは利用者の一方的に有利になる契約であるならば、総量規制の対象から外されることになっています。

例えば、総量規制の対象である消費者金融から複数の借入を抱えている多重債務者が銀行のおまとめローンを利用すれば、そのおまとめローンの利用分の借入は総量規制の金額に参入されることはありません。そのための、おまとめローンの利用者はおまとめローンの利用後には消費者金融から借入可能ということになるのです。

おまとめローンの他に消費者金融からでも総量規制の規制額まで借入が可能となります。どうしてもお金が必要であるという場合はあるでしょうが、これでは破綻する人が増えてしまうのは必然と言っていいでしょう。法律的には問題がないということですから、法律が不備であるということになります。

せっかくのおまとめローンのメリットがこのようなことでは台無しになってしまうことは明らかです。法律の速やかな改正が必要なのではないでしょうか。

住んでいなくても利用できる全国対応の地方銀行

カードローンの利用において銀行は、低金利かつ限度額の大きさが魅力と言えます。

全国に支店を構えている大手銀行以外にもカードローンを扱っている地方銀行の数は多く、消費者金融と比較すると金利面の条件も良いため、地元の利用者を中心にサービスを展開しています。

また最近ではネットバンキングの普及にともない、全国対応している地方銀行も出てきているので、地元に住んでいる方以外の人も利用できるローン商品が増えています。

カードローンの利用を検討している方は、大手銀行だけでなく地方銀行の利用も含めて検討してみると、自分に合った銀行が見つかるかもしれません。

ただし住んでいる場所は問わなくても申し込み時に口座を開設する必要がある銀行も少なくないため、利用条件はしっかりと確認しておくようにしましょう。

安易なキャッシングで生活苦になった

私は以前、本当に安易な気持ちでキャッシングに手を出してしまいました。

そんなに持ち合わせがないのに欲しいものができ、そこが現金のみのお店だったので気楽にキャッシング。

クレジットカードはお財布に入っていたんですが、キャッシュカードを持ってきていなかったので、あとで振り込んでおけばいいか…という気持ちでした。

最初にそんな安易な感じでキャッシングをしてしまったため、その後も持ち合わせがない時はキャッシングをするようになってしまいました。

そのうちクレジット機能が使えなくなり、キャッシングした分を貯金から穴埋めすることもできなくなり、現金のみの生活に。

現金のみの生活と言っても、その中からクレジットの支払いやキャッシングの返済もしなければならなかったので、本当に生活は苦しくなりました。

プロミスの目的ローンの特徴やフリーキャッシングとの違い

プロミスではまとまったお金をお得に借りることができる目的ローンというローンの取り扱いがあります。目的ローンの特徴やフリーキャッシングとの違いなどを解説していきます。

まず目的ローンの商品概要ですが、2019年3月7日時点で融資限度額が300万円まで実質年率は6.3%から16.5%となっています。実質年率の上限がフリーキャッシングより低いので初めてローンを利用する人でもお得に借り入れが特徴があります。

なおフリーキャッシングとの違いですが、フリーキャッシングは契約後任意のタイミングで必要な金額を借りるのに対し、目的ローンは契約時に決まった金額を一括で借入、その後は返済のみを行っていくことになります。再融資を受ける場合には再度申し込みを行い、審査を通過する必要がある点がフリーキャッシングとの大きな違いとなります。

利息をかけずにキャッシングを行いたい方必見!

キャッシングと聞くとお金を借りる際に利息がかかり、多くの借金を抱えてしまうと思っている方もきっといらっしゃると思います。しかしながらどの消費者金融や銀行でキャッシングを行うのかと言うことや、どのプランを利用するのかと言うことによって、利息がかからない方法でキャッシングを行うことが実は出来るてしまうのです。

その方法とは「消費者金融の初回無料キャンペーンを利用して利息をかからないように利用する」と言うことです。最近消費者金融によって、50万円までのキャッシングは最大で30日間、5万円以内のキャッシングは90日間利息がかからずに利用できると言うキャンペーンを行っています。プロミスやアコム、レイクなどで主に行われているキャンペーンですので、キャッシングを行おうと考えている方は検討してみて下さい。

アコムの返済方法はネットが便利です。

アコムの返済はATMでの返済や銀行振込の他にもネットで直接返済するという方法があります。

あらかじめアコムでネットでの返済ができるように会員番号と暗証番号を入力する必要がありますし、銀行口座の方もネットバンクの契約をしておく必要がありますが、ネットからの返済はATMを探さなくてもいい上、最低返済額以上であれば細かい金額を入力することもできるので1円単位で払いたい場合でも可能です。

更にネットを利用することで返済期限の確認をすることや、連絡先を載せているのでちょっと相談をしたいときはすぐに電話ができるというメリットがあります。

急に現金が必要になり借りた場合も、すぐに返済をすれば金利も銀行の手数料から比べると安いので必要なときに借りるにはアコムは便利です。

大学生でもキャッシングを受ける事は可能なの?

大学生の方で急にお金が必要となり、お金を工面するのに大変な思いをしたと言う方はいらっしゃらないでしょうか?その際には様々な方法や手立てがあったと思いますが、実は大学生でもキャッシングを受けることが可能です。

大学生と言うことで収入はほとんどないと思いますが、ある程度の収入があり、キャッシングを受けた際の返済能力があるとみなされた場合には、消費者金融や銀行によって一定の金額を借り入れることが可能です。またそのような大学生に対し、優遇されたプランや返済方法がある場合もあります。もしそのようなところでキャッシングを行いたいと言う方はインターネットなどから検索を行い、実際にキャッシングをしてみると良いでしょう。

カードローンを契約するメリットは

計画的な生活をしていても、急な出費などが重なりお金が足りない状態になってしまうことは珍しくありません。そんな状態を上手く切り抜けたいという時に便利なサービスが、カードローンです。

カードローンの魅力は、担保や保証人を必要とせずに借入ができることです。そのため、担保がないという人でも保証人になってくれる人がないという人でも、気軽に利用することができます。そして、借入や保証人に関することで周りの人とトラブルになる心配もありません。

そのため、急な出費が必要になった時などは、カードローンの利用を考えておくと良いでしょう。即日融資が可能な業者も多くありますが、より手軽に借入をしたいのであれば、早めに審査を受けて契約を済ませておくことがおすすめです。

銀行のカードローンは年利が低く定められているのが特徴

カードローンは主に銀行や消費者金融が提供しており、自由に使用することができます。そのためにお金に困った状況が発生した時、心強い存在として頼ることができるのが特徴になっています。今では様々な事情が発生した方がカードローンを利用しており、お金に関する困難な状況を乗り越えることに成功しています。

その中でも銀行のカードローンは、年利が低く定められているので完済するまでに少ないお金で済ませられます。消費者金融のカードローンは、年利が高く定められているので長期間融資を受ける方は損することになります。年利が低くなっている銀行のカードローンは、即日融資や審査が厳しくなっているのですが無事利用できる状況になった時は、お得にお金を借りられるのが強みです。