大手の消費者金融を利用した方がいい2つの理由

大手の消費者金融は中小の消費者金融より審査で融通が利かないので何か問題が生じてしまうと落ちてしまいます。それで中小の消費者金融を利用する人もいますが、お金を借りる時はやはり大手の消費者金融を利用した方がいいです。そこで大手の消費者金融を利用した方がいい理由を挙げていく事にしましょう。

・倒産の心配がほとんどない

中小の消費者金融は経営状態が悪化して倒産してしまう事もあります。しかし大手の消費者金融は大手銀行が親会社になっていたりするので経営状態が安定していて倒産してしまう事はほとんどありません。経営状態が安定していると安心してお金を借りる事が出来るので大手の消費者金融を利用する人も多いです。

・コンビニのATMで借り入れや返済が出来る

中小の消費者金融は借入方法や返済方法が限定されていますが、大手の消費者金融は自社ATMだけでなくコンビニのATMも利用する事が出来ます。コンビニは全国各地にあるので大手の消費者金融を利用しているとどこにいても借り入れや返済をする事が出来ます。利便性が高いのも大手の消費者金融を利用した方がいい理由になります。

大手の消費者金融はサービス面でもすごく充実しているのでお金を借りる時に利用するのがオススメです。

消費者金融のキャッシングが人気の理由は即日融資にある

現在は多くの金融サービスがありますが、その中でも多くの人たちに利用されているのが消費者金融のキャッシングです。
消費者金融のキャッシングが人気のサービスとして利用されているのは即日融資が可能だからです。

お金に困っている時は誰でも1分1秒でも早く必要なお金を用意したいと考えるものです。
消費者金融のキャッシングは独自の審査法から最短30分程度で審査を終えられます。そのため、初めての利用でも1時間もかけずに融資を受けることが可能となっています。

そのため、急な出費への対応として利用する方が多く、お金のピンチの便利な解決策として重宝されています。
そして、消費者金融のキャッシングは50万円を超える借入でなければ収入証明書の提出を必要としません。

申し込みにあたって必要となるのは身分証明書だけなので、免許証や健康保険証、パスポート等があれば、すぐに申し込みを行うことが出来ます。

財布や鞄に免許証や健康保険証が入っていれば、出がけ先でお金に困っても最寄りの消費者金融の店舗に足を運べば、時間をかけずにお金の悩みを解消出来ます。
こうした素早い審査により即日融資が可能となっていることから、消費者金融のキャッシングは人気の金融サービスとなっています。

学生でもキャッシングは利用できます

キャッシングが利用できるのは20歳以上ですが、学生でもこの20歳以上であれば問題なく利用することができます。

ただし、社会人が利用する場合と同様に、自分自身に収入があることが条件です。仕送りや奨学金は収入とは判断されないので、パートやアルバイトなどで自分が働いて稼いだ収入が求められます。

社会人の月給とは違い、学生のパートやアルバイトでは毎月の収入が安定しないことが多いです。特にテスト期間中や長期の休みになると収入が減ることが考えられる為、それほど高い限度額での契約は行えませんが、概ね直近の2ヶ月分の給与明細から算出した年収額の1/3まで借りることができると考えていいでしょう。

例を挙げると、直近の1ヶ月の収入が6万円で、その前の月が4万円だった場合、合計した10万円に6を掛けて、おおよその年収と判断します。この例では約60万円の年収になり、その1/3に当たる20万円までなら借りられるということになります。

また、これは消費者金融を利用した場合の話です。銀行のカードローンでは、学生は年齢や収入に関わらず、利用できないことがほとんどです。利用できたとしても10万円程度が上限になることが多く、学生がキャッシングを利用するには向いていないと言えます。

消費者金融では、学生でも社会人でも、きちんとした収入があれば、それに沿った金額を利用することができます。学生の場合は消費者金融を利用することをおすすめします。

総量規制対象外のキャッシングとは?

キャッシングには貸金業法によって総量規制という規定があります。これは、年収の1/3が借り入れを行える上限だという規定で、1社からの借り入れだけでなく、全てのキャッシングを合計した金額が対象になります。

ですが、この総量規制の対象外となるキャッシングがあり、銀行や信用金庫のカードローンといった銀行系のキャッシングがそれも当たります。これらには貸金業法ではなく、銀行法という別の法律が適用されます。つまり、総量規制とは全く関係のない借り入れになる為です。

しかし、だからと言って無制限に借りられるという訳でもなく、銀行や信用金庫などが返済が可能だと判断した金額までになります。年収の1/3までという機械的な制限こそありませんが、多くの場合、おおよそ年収の半分程度が借りられる限度だと考えてください。

また、本来は総量規制が適用される消費者金融などのノンバンクからのキャッシングでも、その対象外となる場合があります。それは、おまとめローンと呼ばれる借り換え専用のローン契約と、借り入れを行ったお金の使い道が決まっている目的別ローン契約です。

これらのローン契約では、審査結果によっては年収の1/3を超える借り入れも可能です。特におまとめローンは借り換えにはとても有効な手段なので、借り入れ金額が大きくなってしまう場合でも、気にせずに申込みを行ってみてください。

キャッシング会社を選ぶときに気を付けること

キャッシングの利用を申し込むときのタイミングは、基本的に「お金があるとき」に行うのが良いでしょう。

どうしてもキャッシングは、お金が足りなくなった時に焦って利用してしまうものです。しかしながら、無職のように本当にお金が底をついてしまった状態では、キャッシングの審査に通ることができません。
ですから、仕事をしていて比較的お金に余裕があるときに申し込みをしておくと、審査にはほぼ通ることができますし、キャッシング会社の比較検討も冷静に行うことができます。

やはり何事も焦った状態では判断が非常に鈍ってしまいます。結果的に損をしてしまったということにならないように、キャッシング会社選びは慎重かつ冷静に進めることが大切です。

また、一番選ぶときに良いのは実際に使っているひとの声を聞いてみるということです。というのは、やはりネットで上がっている情報は広告の場合がありますから、純粋に利用している人の本音が聞けるということが重要になるわけです。

しかしネットではその判断が付かないこともあります。もちろん、本当に利用している人の声が入っているときもありますので、一概には言えませんが、
確実なのは近くに利用している人を見つけて感想を聞いてみるのがベストです。

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをすると受けられる3つの特典

モビットはWEB完結申込を利用するのがオススメと言われているので他の消費者金融に比べて利便性が高いと感じる人も多いです。そこでWEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをするとどのような特典があるのか見ていく事にしましょう。

・来店不要になる

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをする時は契約手続きまでがネット上で出来てしまうので来店する必要がなくなります。住んでいる場所の近くに自動契約機などがない人にとっては大きなメリットになります。

・電話でのやりとりが一切なくなる

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをすると電話でのやり取りが一切なくなります。在籍確認をする時は勤務先に電話をかけるのが基本になりますが、他の方法で行ってもらえるので職場の人にお金を借りるのがバレてしまう事がなくなります。

・自宅への郵送物が一切なくなる

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをすると自宅への郵送物が一切なくなります。利用明細書はネット上で確認する事が出来るようになるので自宅に郵送されてくる事はありません。自宅への郵送物がなくなると家族にお金を借りるのがバレてしまう事がなくなります。

WEB完結申込でモビットにキャッシングの申し込みをするとこのような特典が受けられるのでオススメです。

キャッシング審査の過程における本人確認

キャッシング審査において本人確認は必須であり、まずは審査申込の際に本人である事を証明する書類として、運転免許証や保険証、パスポート等から1点提出が必要です。

提出資料を確認する作業として、業者が在籍している勤務先に電話確認を行う作業もあり、その作業が終われば本人確認は終了して審査結果次第で契約に至ります。

この時の電話連絡による在籍確認は、条件次第で回避する事が出来る所もあり、勤務先が記載された保険証を提示する等が必要になりますが、会社に電話がかかってくるのは避けたい場合は相談すると良いです。

もちろん在籍確認電話を必須にしている業者もありますから、本人確認のルールを知った上で申し込み先を選ぶ必要もあり、キャッシングを行う前に各業者のサービス内容をチェックする際、在籍確認がどうなっているか見ておくと良いでしょう。

書類の提出は郵送やファックス、メール添付と様々な方法がありますが、最近はネット経由で完結するサービスも整っており、本人確認資料をスマホカメラで撮影して、それを業者指定の場所にアップロードするだけで提出完了の所も増えています。

本人が業者に足を運んで担当者と対面しなくても、本人確認が出来るという事です。