すぐにお金が必要なときでも安心な消費者金融のキャッシング

携帯電話代や家賃の支払いを忘れていたときや、急に家電製品が故障してしまったというときにそれらの出費に対処できるだけの現金を持ち合わせていないことはしばしばあります。そのようなときに便利なのが消費者金融のキャッシングです。

消費者金融のキャッシングではさまざまな方法での申し込みを受け付けており、店頭での申し込みだけではなくネットからや無人契約機などでいつでもキャッシングの申し込みが可能になっています。そのため、すぐにお金を借りたいというときでもキャッシングならばいつでも最短の時間で希望するだけのお金を借りることができます。

また、キャッシングでは限度額以内であれば何度でも繰り返して必要な分のお金を借りられるので、お財布がピンチのときはいつでも心強い存在になってくれます。

アイフルのキャッシングサービスの特徴って

アイフルのキャッシングサービスは初めて消費者金融から借入をしようと考えている人でも安心して利用できる仕組みが複合的に整っています。アイフルのキャッシングサービスの特徴について詳しくみていきましょう。

・即日借り入れができる

アイフルのキャッシングは最短で30分で審査が済みますし、審査通過後はアイフルの店頭窓口や自動契約コーナーなどで即日ローンカードの受取ができます。ローンカード受領後は直ちにキャッシングが利用できるので急いでいる場合に大変便利です。

・手間が最小限

インターネット経由で申込みをすれば契約書面に記入や捺印をする必要がありませんし、契約の際には保証人や担保も不要なので必要となったらすぐに申込みができます。また利用限度額が50万円以下の申込みであれば収入証明書類の提出も不要で、原則運転免許証さえあれあ契約ができるので、銀行のローンなどと比較すると圧倒的に少ないてまで契約ができます。

・30日間の無利息期間がある

アイフルの利用が初めての場合、契約日の翌日から30日間は無利息キャッシング期間となり、借入金に対する利息が0円となります。無利息キャッシング期間中であれば追加融資を受けても再融資を受けても支払う利息は0円となります。

『借り入れは必要な時だけ!不要な借金はしない』という方はカードローンは不向き?

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度額内であれば繰り返し利用でき、利用の都度審査がないという利便性やスピード感があります。利用残高が無くても契約状態に出来るため、万が一に備えて契約することも可能です。

ですが、『借り入れは必要な時だけに限定したい』、『不要な借金は絶対にしない』、『いつでも借り入れ出来るのは不安』そして『収入の範囲内で生活する』といった方にはカードローンはあまりメリットがありません。

むしろ、これらの考えを持っている方は、利用する目的が定まった際にキャッシング契約を検討することになるため、利用目的が自由のカードローンよりも目的ローンの方がピッタリになります。

目的ローンや一括借り入れ後は返済のみになるローンの場合、金利はカードローンに比べると大幅に下がります。そのため、広告やインターネットCM、ホームページでの紹介に騙されないよう、先ずは目的ローンを優先して検討することがおすすめです。また、カードローンの場合、契約状態になっていると本当に必要なローン契約の審査で不利になる可能性も高いため、借り入れ頻度が低いもしくは殆ど利用しないという方は契約を避けるのがベターです。持っていても利用せず、不利益になるものは利便性があるどころかデメリットでしかありません。

歯が欠けた!治療にお金が!そうだカードローンがあるぞ

仕事柄、多くの人の前で話しをする機会があるのですが、さまざまな困りごとが起こります。資料が届いていなかったり、会場の準備が間に合わなかったり。

そんな困りごとがたくさんある中でも、一番困ったことは、セミナー前の食事で歯が欠けてしまったことです。幸いにも会場近くの歯科医院が応急対応できるということで行きました。30分ほどの処置でとりあえずの形にはなり、これでセミナーも何とか大丈夫だろうということで一安心していましたが、いざ会計という時に、「本日は、保険が適用できませんので、実費となります」ということを受付で言われ、請求された金額は、想定外。

手持ちでは全く足りず、どうしようかと思って財布を見てみると、以前、ネットで作ったカードローンがあることに気付きました。たまたまキャンペーンのメールが届き、何の気なしに作っておいたものでした。

そこで受付で事情を話し、コンビニに急ぎました。

初めてカードを使い、キャッシングなるものをしたところ、とても簡単に、スピーディに治療にかかった金額を用意することができました。

キャッシングをするということに、ちょっとした不安や抵抗感を持っていましたが、いざという時に役に立つということを実感した出来事でした。

無事、治療代の支払いもでき、その後のセミナーもいつも通りの調子で行いました。

家に戻り、改めて歯の治療に行き、今ではすっかり治りました。

もちろん、毎月負担のない額で返済については進んでいき、こちらもすべて終わっています。

何かの時のためにと、たくさんの現金を持ち歩くことは、逆に危険だと感じています。

でもその何かの時が起こった時に、素早く対応するツールの一つとしてカードローンでのキャッシングは心強い味方です。

おまとめローンは銀行がいいのか、消費者金融がいいのか。

おまとめローンは、複数ある借金を一本化して、低金利で借りることができ、月々の支払い額を落とすことができるお得なローンです。銀行でも消費者金融でもおまとめローンというサービスは利用できるのですが、どちらの方がお得に利用できるのでしょうか。

結論から言いますと「消費者金融はおまとめローンには不向き」です。お金を借り入れしている人はご存知だと思いますが、消費者金融は高金利、低限度額のためおまとめローンにはあまりおすすめできません。しかし、消費者金融は「審査が通りやすい」「審査のスピードが早い」ことに関しては銀行よりは断然上なので、銀行のおまとめローンを断られた人は消費者金融のおまとめローンを利用しましょう。

利息を少しでも抑えたいという人には「銀行のおまとめローン」がおすすめです。特にインターネット銀行は低金利でおまとめローンを組むことができます。上限金利でも10%を切るところもありますし、借入限度額も1000万円まで借り入れできるところもあります。 

なので、おまとめローンを利用しようと考えているのなら、利息を抑えたい、多くお金を借り入れしたいという人には「銀行のおまとめローン」が良いでしょう。

おまとめローンの不都合な真実について

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の借入を一本にまとめることによって、借入の管理の簡素化ができたり、金利を低くすることによって総返済額を減らすことができるメリットのたくさんある金融商品です。そして、おまとめローンは利用者の一方的に有利になる契約であるならば、総量規制の対象から外されることになっています。

例えば、総量規制の対象である消費者金融から複数の借入を抱えている多重債務者が銀行のおまとめローンを利用すれば、そのおまとめローンの利用分の借入は総量規制の金額に参入されることはありません。そのための、おまとめローンの利用者はおまとめローンの利用後には消費者金融から借入可能ということになるのです。

おまとめローンの他に消費者金融からでも総量規制の規制額まで借入が可能となります。どうしてもお金が必要であるという場合はあるでしょうが、これでは破綻する人が増えてしまうのは必然と言っていいでしょう。法律的には問題がないということですから、法律が不備であるということになります。

せっかくのおまとめローンのメリットがこのようなことでは台無しになってしまうことは明らかです。法律の速やかな改正が必要なのではないでしょうか。

住んでいなくても利用できる全国対応の地方銀行

カードローンの利用において銀行は、低金利かつ限度額の大きさが魅力と言えます。

全国に支店を構えている大手銀行以外にもカードローンを扱っている地方銀行の数は多く、消費者金融と比較すると金利面の条件も良いため、地元の利用者を中心にサービスを展開しています。

また最近ではネットバンキングの普及にともない、全国対応している地方銀行も出てきているので、地元に住んでいる方以外の人も利用できるローン商品が増えています。

カードローンの利用を検討している方は、大手銀行だけでなく地方銀行の利用も含めて検討してみると、自分に合った銀行が見つかるかもしれません。

ただし住んでいる場所は問わなくても申し込み時に口座を開設する必要がある銀行も少なくないため、利用条件はしっかりと確認しておくようにしましょう。

安易なキャッシングで生活苦になった

私は以前、本当に安易な気持ちでキャッシングに手を出してしまいました。

そんなに持ち合わせがないのに欲しいものができ、そこが現金のみのお店だったので気楽にキャッシング。

クレジットカードはお財布に入っていたんですが、キャッシュカードを持ってきていなかったので、あとで振り込んでおけばいいか…という気持ちでした。

最初にそんな安易な感じでキャッシングをしてしまったため、その後も持ち合わせがない時はキャッシングをするようになってしまいました。

そのうちクレジット機能が使えなくなり、キャッシングした分を貯金から穴埋めすることもできなくなり、現金のみの生活に。

現金のみの生活と言っても、その中からクレジットの支払いやキャッシングの返済もしなければならなかったので、本当に生活は苦しくなりました。