カードローンを契約するメリットは

計画的な生活をしていても、急な出費などが重なりお金が足りない状態になってしまうことは珍しくありません。そんな状態を上手く切り抜けたいという時に便利なサービスが、カードローンです。

カードローンの魅力は、担保や保証人を必要とせずに借入ができることです。そのため、担保がないという人でも保証人になってくれる人がないという人でも、気軽に利用することができます。そして、借入や保証人に関することで周りの人とトラブルになる心配もありません。

そのため、急な出費が必要になった時などは、カードローンの利用を考えておくと良いでしょう。即日融資が可能な業者も多くありますが、より手軽に借入をしたいのであれば、早めに審査を受けて契約を済ませておくことがおすすめです。

銀行のカードローンは年利が低く定められているのが特徴

カードローンは主に銀行や消費者金融が提供しており、自由に使用することができます。そのためにお金に困った状況が発生した時、心強い存在として頼ることができるのが特徴になっています。今では様々な事情が発生した方がカードローンを利用しており、お金に関する困難な状況を乗り越えることに成功しています。

その中でも銀行のカードローンは、年利が低く定められているので完済するまでに少ないお金で済ませられます。消費者金融のカードローンは、年利が高く定められているので長期間融資を受ける方は損することになります。年利が低くなっている銀行のカードローンは、即日融資や審査が厳しくなっているのですが無事利用できる状況になった時は、お得にお金を借りられるのが強みです。

キャッシングで必要な本人確認書類

キャッシングを利用するために必要となるのが、本人確認書類です。収入証明書に関しては、50万円以上の融資を希望するなど一定の条件を満たした場合のみ提出となるのに対し、本人確認書類は希望限度額などに関わらず提出をすることになります。

どこの業者でも本人確認書類として認められるものが、顔写真のついた運転免許証とパスポート、住民基本台帳カードです。マイナンバーカードに関しては、業者によって対応が異なります。健康保険証などの顔写真がついていない本人確認書類の場合は、2種類以上の書類の提出が必要となることも少なくありません。そのため、キャッシングの審査を受ける前には、有効となる本人確認書類に関する情報をしっかりと確認しておくことが大切です。

迅速で丁寧な対応のアコムさんに感謝しています

私が初めて消費者金融のアコムさんを利用したきっかけは生活費不足のためでした。その当時、実家の家業手伝いをしており、まとまった収入がなかった私は、10万円アコムさんから融資を受けました。地元で、誰かに見られるのが恥ずかしいと思った私は、店舗に行く勇気がなく無人契約機に行きました。

緊張していた私に、インターフォンから聞こえるスタッフの方は親切丁寧に手続きくださり、支障なく契約でき、無人契約機の隣の部屋にあるATMで40分位で融資を受けることが出来ました。そして、とても有難かったのが、1ヶ月間の利息無料のキャンペーンがあり、普段は日ごとの利息計算を無料で利用できるというもので、初めての支払日は元金のみで5,000円の入金で済みました。

自分の生活スタイルに合わせて、支払金額も決定でき、支払サイクルも35日サイクルで早めに支払ったり、24時間自宅からネットバンクで支払いも出来、とても利便性があり、利用して満足しています。

J.Score(ジェイスコア)とはどういうものなのでしょうか

J.Score(ジェイスコア)とは、日本初のサービスのAIを活用して算出した個人向けの消費性融資サービスのことを言います。契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に移住する方で安定、継続した収入が見込める方が利用対象になります。

学生、アルバイトをしている方でも安定した収入があれば申し込むことができますし、永住権がない外国人も申し込みができます。融資額は1万円以上、1千円単位で可能で、担保や保証人は不要です。資金使途は自由ではありますが、投機資金、事業資金には利用することができません。スコアにより借り入れが可能な金額、金利が変わりますので、まずは無料のAIスコア診断をすることをおすすめします。

銀行口座別に持っていると利用しやすい大手消費者金融がある。

銀行系カードローンですと、銀行口座を持っていないと利用が不便になるようなケースがありますが、

大手消費者金融の場合には、利用しやすうなるような銀行口座と言うものが存在します。

プロミスの場合ですと、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていますと、24時間365日融資可能な「瞬フリ」が利用できます。

これによってお金の借り入れがかなりスムーズに利用できます。

アコムの場合では、楽天銀行の口座を持っていますと、本来なら15時までの振込みの制限時間が、18時まで伸びるようになります。

直ぐにATMでは借り入れが出来なくても、上記の口座を持っていたりすれば、WEB完結で借り入れが簡潔にできるようになりますので、覚えておくといいでしょう。

キャッシングの限度額は申込者の年収によって決まる

消費者金融会社のキャッシングは、個人向けに提供されている融資サービスです。キャッシングの審査において限度額が決定しますが、この限度額の多さによって融資してもらえる金額の上限が決まってきます。審査で重視される事は申込者の年収であり、この年収の高さによって限度額の上限も高くなります。

消費者金融会社は貸金業法の下で運営されており、その法律には総量規制という仕組みが導入されており、消費者金融会社は総量規制を義務付けられています。総量規制が実施されている融資サービスを利用した場合、利用者の年収の3分の1が総限度額の上限になります。

キャッシングの限度額を高くするには、利用者の年収が高ければ良いのですが、継続的に利用をする事で増額という仕組みが使えるようになりますので、ある程度融資サービスを使って実績を高めたら、増額の申込みを行なってみるのも良いでしょう。

インターネット上からなら時間を気にせずキャッシングに申し込める

インターネットで消費者金融のキャッシングに申し込みをするメリットは、営業時間を気にせずにいつでもキャッシングに申し込める点にあります。消費者金融のキャッシングへの申し込み方法で一般的なのは店頭での申し込みですが、消費者金融の店舗は営業時間はそれほど長くはなく仕事帰りに寄ろうと思っても営業時間が終わってしまっている場合があります。

それに対してインターネットでのキャッシングの申し込みならば年中無休で二十四時間受付に対応しているので営業時間を気にせずにいつでもキャッシングに申し込むことができます。仕事やスケジュールの都合上、消費者金融の店舗に足を運ぶ暇がないという方はキャッシングの申し込みをインターネットですることをおすすめします。