アルバイトでもキャッシングは可能です

アルバイトの人がキャッシングできるかについてなのですが、正確にいうと「キャッシングすることが可能」です。キャッシングができる消費者金融や銀行の利用条件に「毎月安定した収入があること」とだいたいの金融機関が定めています。

確かに、アルバイトの場合は正社員より審査が厳しいと思いますが、アルバイトでも借り入れできる金融機関が必ずあります。なので、アルバイトで借り入れをする場合は「ちゃんと自分が申し込む金融機関はアルバイトは借り入れ可能なのか」ということを調べておく必要があります。もし、申し込みして審査に落ちてしまうと信用情報機関に審査に落ちたことが載ってしまい、申込者のイメージが悪くなってしまいます。気を付けるようにしましょう。

株の儲けは借入限度額を増やすことに寄与するか?

消費者金融などでの借入の際には、副収入も年収に入れることは出来るわけですが株の儲けというのはここの中に入れることは出来るのかという疑問はあります。

このことについては、基本的にはかなり難しいといえます。

まず、売買においての株の利益というのは安定しているわけではなく、場合によっては損失も出るものです。

このケースだと安定した収入という条件は満たさない危険性が高いです。

また、株の収入二つ知恵配当金なら安定しているような部分はあります。

ですが、こちらも売却すると翌年には配当収益そのものがなくなることにもなりますし、配当も減配や無配になるリスクもありますので

こちらもなかなか安定している収入には算定されにくいでしょう。

消費者金融の有り難みが増えています

2018年1月より銀行カードローンでは即日融資が禁止され、融資まで早くても2日間かかるようになりました。そこでお急ぎの方は、土日祝日でも即日融資が可能な大手消費者金融に流れることが予測されます。即日融資の廃止はあくまでも銀行側の自主規制なので、法的にどうこうという問題でもありません。それに対象は銀行カードローンだけなので、メガバンクの傘下にある大手消費者金融でも問題なく即日融資は可能です。

さらに銀行カードローンの審査は厳しくなることが予測され、属性の低い非正規社員の方は審査に通らないかもしれません。一方消費者金融なら今まで通りパートやアルバイト、学生でも契約できます。ですから今年からは消費者金融の利用者数は増えることが予測されます。